« 仕事行きたくねぇ | トップページ | 『深夜廻』 (やってないけど) »

2017年9月 2日 (土)

やさしくない世界

座学中心の研修期間を終え、ものすごく足がむくんだ。職場では立って歩き回っていることが多いので、家に帰ってから自主的にラジオ体操第一とかやって凌いでいた。

周りにいるのは初対面ばかりだが、運よく初日に仲の良い人ができた。自分の職域とは微妙に違う現場の話を聴けてよかった。こんな管理人でも社交スキルはあるんですよ。







それにしてもしみじみと思うのは、我々の専門領域は儲からないね。


「やりがいはあるが生活が苦しい」「この職域で金持ちを見たことがない」と皆が口を揃えて言うほど給料が少ない。

医師や大学教授、公務員などピラミッドの上方にいる方々は別だろうが、底辺にいる大多数は全然儲かっていない。以前、保育士の給料が少ないと社会問題になったが、こっちだってもれなく低待遇の安月給である。

むしろあっちは社会問題として取り上げてもらえて羨ましいと思う。





我々の職域、神経をすり減らす仕事である割には見返りが少ない。同業者の人に「こんな仕事を選んでご愁傷様」と言われたこともある。社会に貢献してるとか、需要があるとか、なんだかんだ言われても生活が苦しかったらどうしようもないよな。



今回の研修でも、「ボランティアで尽くす覚悟でやれ」と言われた。

私はまだ20代。あれもこれもやりたい、いろんなことがしたいと思っても構わない年頃であろう。見返りを求めないボランティア精神で仕事なんかできません。

人助けをして餓死しろというんですか!(とはさすがに言えなかったが)





私は聖人ではありません。マザーなんとかさんみたいに他人を救うことに喜びなんか見出しません。尽くした分だけ見返りがほしい。そう思うのは何か間違っているのか。


いや、もちろん働いている全員がそうなら私も同調するよ。現実としてはそうではなく、ピラミッドのどこかにはしっかり見返りを得て裕福な生活をしている奴がいるわけでしょ。

自分の職場で言うと、上司とか。噂によるとあの上司、儲かりすぎて税金対策に頭を悩ませているらしい。節約節約と口癖のように言い、職員を安月給でアリのように現場で働かせ、得た収益をほとんど自分のものにして税金対策に困る?


こんな馬鹿なことがあるか!と言いたくもなろう。






仕事にやりがいを持てと言われても、こんな現状でやる気を出せというのが間違っている。

他人のために尽くせ、生活を楽にしてさしあげろ、その代わりお前が死ね…ってか。他人の生活の世話して、自分の生活が破綻したらどうしてくれるんだ?



保険料の値上げも毎年のように生活を苦しめるし、この時代、この国に生まれたことが人生最大の不幸ではないか…とも思い始めた。


自分はまっとうに生きているのに、こんな奴でも誰かの役に立てるかもと思ってこの仕事を選んだのに、手取りはどんどん減っていく。当然ながら生活が苦しくなる。

人を助ける以前に、自分の生活基盤がそもそも安定していないのである。今のご時世、ちっぽけな人間がいくら世界にやさしくしても、世界は自分にやさしくしてくれない。




これでどうやってやる気を出せというのか…。

ポジティブな励ましごときでモチベーションは上がらねぇぞ。






10代のころや20代前半は「手取りは少なくても社会の役に立てるなら」なんて偉そうなことをほざいていた気がする。


だが、この歳になってようやくわかった。

人間はそれなりの見返りがないと生活できない。偽善の皮をかぶって仕事に打ち込むことはできるが、心の底から満たされることは絶対ない。そういう生き物なのだと。


見返りもなしに人のために働けというのは不公平すぎる。私が万人のために尽くしたところで、万人は私のために何もしてくれない。なんのためにこんな安月給で、嫌な思いまでして仕事を続けなきゃならないのだろう。




この職業に就いて以来、誠心誠意を込めて必死にやってきたつもりだが、先日の研修を機に悶々と考えている。言葉はよくないが、いろんなことがバカバカしくなった。


私ってのはほんとモノグサだから、何かに向かって努力しない代わり、たいした悩みを抱えることもない。目標も願い事も「特になし」で、ある意味ものすごく平和な奴だと思う。

そんな私が「このままではヤバい」と思うのだから、今回はよほどヤバいのだろう。



…いや、生活がリアルに破綻するヤバさではない。これまでのような純粋な気持ちで仕事ができなくなるヤバさである。

同じ職域、同年代の子たちと話題になるのは、いつも決まって「保険料の値上げ」と「年金問題」と「生活の破綻危機」。あとたまに「孤独死危機」も。






こんなことやってたらいずれ生きていけなくなるぞ。


悲しいかな、仕事の帰り道にふと頭をよぎる言葉である。



« 仕事行きたくねぇ | トップページ | 『深夜廻』 (やってないけど) »

Ⅱ.思案、迷走」カテゴリの記事

コメント

そうかぁ.そんなに低いものなのか,
生きていけなくなりますかぁ.
そいつはまずいですね.
本当に転職とか大事ですが,
どこもボランティアってことなんですね.
たぶん.わかっていないと思うんですが,
必要とされている仕事だと思うので,
踏みとどまってください.

気付くのが遅かったと思うんですが、熱意とか理想だけで仕事は続けられないってことですね。少なくとも私という凡人は。

いつも関わっている人たちと違って、自分には「弱者」という名の強みさえない。あー、なんかこんな半端な気持ちで仕事やってていいのかなぁ。そう感じて書かせてもらった次第です。
ツブシが利かないので転職ってのも難しいんですけどね(笑)

おひさしぶりです。
久方ぶりにブログを拝見しました。

2年間の大学院生活も、あと半年ほどで終わりです。
先月、無事に採用内定をいただきましたが・・・ブログを読んでいると少し不安になってきます(笑)

これからもブログを拝見する予定ですので、どうぞよろしくお願いします。

どうも~お久しぶりです。

そういえばもうそんな時期ですか。内定おめでとうございます! 私はこの時期はまだ決まってなかったなぁ…(笑)
どこでもそうですが職場の待遇はピンキリなので、ちゃんと選べば普通のところもたくさんあると思います。ただ、私がいる環境のようなところもありますよというだけで(+_+)

最近もいろいろと仕事を増やされ、勉強になるといえば勉強になるのですが、だったらそれなりのモノを寄越せよ!と密かに思います。
俗人ですね。情けないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/71597229

この記事へのトラックバック一覧です: やさしくない世界:

« 仕事行きたくねぇ | トップページ | 『深夜廻』 (やってないけど) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ひとりごと

  • 過剰なストレスが祟ってか、昔から指摘されていた歯ぎしりがひどくなってきた。寝ているときも起きているときも気付いたら奥歯を噛みしめている。意外と全身に負荷がかかるらしく、数日前から肩がこってサロンパスのお世話になっている。むぅ、歯ぎしり以外に発散の手立てを考えねば。いや考えるだけでまた奥歯を噛みしめているから考えるのをやめよう。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中