« どうして雨の日に傘 | トップページ | すげー »

2017年5月10日 (水)

体重減が止まらない

ダイエットもしていないのに去年から2kg減である。貧困ラインぎりぎりの生活で食費を削っているからか。

もう近ごろはなんだかんだ値上げの嵐で、上がらないのは給料だけ。食べ物、トイレットペーパーなどの生活必需品、光熱費等々…。この社会は私に死ねと言っているのか?と疑問に思うのは今に始まったことではないが。

食べ物は極限まで切りつめ、間食などもってのほか。冷暖房は耐えられるとこまで我慢する。風呂はもちろん毎日入るが、その代わりトイレの回数を少なくし、できるだけ外出先でするようにする…とか、そういうことを実践している。



…こういうことをなぜここで書くかというと、辛酸をなめまくった苦すぎる経験を記し、いつか立派になったとき読み返して、「これがオマエの原点だ」と初心を忘れないためである。






GWはなんだかじっとしていることができず、無駄にそこらをうろちょろ歩き回って最終日にぶっ倒れた。起きようとするのに起きられず、うっかり昼まで寝坊してしまった。ありゃ生まれて初めての体験だったな。


人の声を聴くのは得意だが、自分の声を聴くのは苦手である。「もっと自分を出していいのよ」と言われるが、本当の自分を出したら確実にひねりつぶされる。そういう環境にいるのである。

つらいんだな、嫌なんだな、なんてふっと立ち止まったら悲しくなりそうで。私のこの辛酸なめつくし現状悪化の闇はいつまで続くのだろう。ネバーエンディングストーリ―なのか…?





あれが嫌だこれが嫌だと排除していったら何もなくなってしまう。どこかで折り合いをつけて受け入れなければやっていけない。

先日、職場の人たちが上司の悪口を言っているのに出くわしたが、私に言わせりゃアンタたちも似たようなものですけど。むしろあの人たちにボロクソ言われている上司がちょっとかわいそうになってきた。

他人の悪口に同調するって怖いよな。変な仲間意識みたいなのができて自由に動けなくなる。私はそういうのが嫌いだから誰の悪口も言わない。あいつなんか死ねばいいとこっそり思うだけである。







…結局、日常生活も心の中も荒みまくっている。お腹へった。


どうしても低血糖症状が出るのよねぇ。マジな話、コンビニのトイレで1時間ぶっ倒れたこともある。救急車を呼ばれるのが恥ずかしかったので自力で歩いて帰ったが。

職場で症状が出ちまったときは、休憩室にある飴を舐めながら仕事したり…。人ひとりの身体を維持していくってほんと大変。低燃費で生きていけたらいいのに。





それでも将来やりたいこと、夢や理想のために奔走する。


誰も言ってくれないから、「がんばれ」。

いつか立派になってこの記事を読み返そうな。



« どうして雨の日に傘 | トップページ | すげー »

Ⅵ.専門職の日常」カテゴリの記事

コメント

言う言う.言いますよ.
頑張ってください.
そういや,俺もブログの最後には頑張ろうとか書きますね.
体重が減りますか
困りましたねー.
消費する分取らないと.
食べるのも働くのも,頑張ってください.

すみません、気を遣ってもらって(汗)

ご無沙汰しております。今の逆境も成功に至る過程だと思うように努力しているのですが、経済的に苦しいと心も身体もボロボロになりますね。
つぶれない程度に頑張ります(+_+)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/70526726

この記事へのトラックバック一覧です: 体重減が止まらない:

« どうして雨の日に傘 | トップページ | すげー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとりごと

  • 今年初めてふるさと納税をした。どこかの特産品が欲しいとかは特になく、クラウドファンディングの企画があったのでそれにした。自分の生活を鑑みれば米か肉でも返礼品としてもらえばよかったのだろうが、それができないあたり管理人の変なプライドがある。微々たるものだが少しでも地球のためになればいいと思う。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中