« 通院日3/15 | トップページ | なんかかんか »

2017年4月 1日 (土)

逆境の中の陽

えー、このたび、ついに職場をクビになりました。


やっぱり態度が悪かったからかな。

新年度早々、新しい仕事を探すことになります。









…というのはエイプリルフールの嘘です。すいません。

まだクビにはなっていません。扱いはひどいけど。あそこを去るときはたぶん自分から辞めていると思う。


最近は「私の優秀さにみんな嫉妬しているんだ」とトンデモなくポジティブに考えるようにしている。人間ってのは不思議な生き物で、バカで何の役にも立たない人より、優秀であるがゆえにプライドを傷付ける人の方が嫌いだったりする。

俗に言う「出る杭は打たれる」。私もひたすらそうでありたい。私が優秀だからみんながいじめてくるんだよねーと。そうでも思わなきゃ変な病気になりそう。






思い返せば去年の6月ごろから逆境に立たされているわけだが、逆境であるがゆえに思い知ったこと、勉強になったことはものすごくある。

たとえば土壇場で自分の味方になってくれる人。これまでは誰が味方かわからなかったが、どんなときでも私の支えになってくれる人たちの存在に気付けた。逆に、どんな状況に置かれても敵は敵だとわかったし、何があろうとコイツには相談しないと心に決めた人もいる。


そこらじゅうの人間が私のことを嫌ったって、本当に大切な奴は自分の味方でいてくれる。それってすごくありがたいことだな。心から感謝したい。

お陰様で人生の「やりたいこと」はたくさん見つかったし、苦しみながら本業を続けて、その裏でシュミとユメの実現に励みたいと思う。




…そういえば今日で朝ドラが終わったが、アレはほんとにキレイなものしか見せないのな。もっとこう、人間の腐った醜い部分とか描くべきだと思う。とにかくいつもハッピーエンドで終わるのが不思議でならない。

大体、4人も女が集まったら絶対どこかで破綻しているはず。親友の旦那と不倫するとか。店の実権を握るため他の3人を陥れるとか。ライバルに「あの子を消しておしまい!」と刺客を送るとか。


私の勝手な思い込みだが、共通の敵や下心、利害の一致がなければ女はあそこまで結託しない。気に食わない新人を連携していじめるとかね。画面に映らないだけで、たぶんどこかにそういう展開があったはず。

純真な主人公がトントン拍子に幸せになる物語なんて現実には存在しない。人間関係というのはもっとドロドロしてこそ真実味がある。サスペンスドラマは減る一方なのにどうして朝ドラはなくならないのだろう。謎だ。






Img_3808


晩飯のグラタン。(食べかけ)

相変わらずレシピに従わず作るので、ちょっと粉っぽかった。ホワイトソース用の牛乳をケチったせいかもしれない。



今さらだが、ひとり分の飯を作るとどうしても数日続けて同じメニュー(晩飯と翌日の弁当、さらには翌日の晩飯と翌々日の弁当…)になるよね。先日も4日連続で同じ野菜炒め(余り物の寄せ集め)を食した。上手な人はアレンジとか加えて別の料理にするのかな。

量が多くてもつい安いものを買ってしまうので、なんかずっとほうれん草ばっかり食べてる…なんてことがよくある。日によってはじゃがいもばっかり、にんじんばっかり、要するに食材のチョイスとメニューの選び方が下手なのだろうか?





今日のニュースで、世論調査か何かで「社会に満足している人」の割合が過去最高だとか言っていたが、あれこそ本当にエイプリルフールの嘘なんじゃないかと思う。それとも調査対象が公務員・高所得者・資産家に限定されていたのか。

私は今の社会にまるっきり満足していないし、それどころか「私の敵は社会そのものだなぁ」なんて思う日もある。嘘つきの金持ちばっかり得をして、まっとうな貧乏人が損をする社会ってどうなの?


たまには特売の野菜とか買ってみろと思う。ドロドロの土とかザラザラの砂とか普通についてんぞ。下手したら腐ってるときもあるわ。

大切な日用品や食材、電気代やガス代ばっかり値上がりし、給料は上がるどころかむしろ下がっている。本気でいつか社会に殺される気がしてならんのだが。




« 通院日3/15 | トップページ | なんかかんか »

Ⅶ.雑記保管庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/70123521

この記事へのトラックバック一覧です: 逆境の中の陽:

« 通院日3/15 | トップページ | なんかかんか »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとりごと

  • GYAOで『ペット・セメタリー』を観た。ホラー小説で有名なスティーブン・キング原作である。この手の映画はなぜヤバい奴がいるとわかっている屋敷にひとりで踏み込むのだろう。バラバラにされた人体の一部でも降ってきたらどうするんだ!と思ったが、そんなことはなかった。ちなみにペットとタイトルに名がついているものの、結局一番怖いのは人間だと理解した。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中