« なんかかんか | トップページ | 体重減が止まらない »

2017年4月22日 (土)

どうして雨の日に傘

休憩時間、職場の人たちが「どうしてパワハラが原因で自殺するんだろうね。死ぬぐらいなら辞めればいいのに」という話をしていた。




これは私に向けられた発言ではない。(と思う)

ただ、聞いていた私は複雑な思いになった。



「○○ぐらいで」というのは被害に遭ったことがない人の詭弁である。パワハラのほかにも「いじめぐらいで」「DVぐらいで」という言葉がある。

これを他人に言うならまだいい。私の考えでは、自分で自分にそう言っている人が自ら命を絶ってしまいがちである。


自分に「○○ぐらいで」と言うほどつらいものはない。それで奮い立てる人は別として、自分で自分を責めたり追い込んだりしていいことは何もありません。十中八九なにかの病気になります。

自分でもそう思っているのに、他人から同じことを言われた日にゃ、もう生きる気力なんか微塵も湧いてこない。「パワハラぐらいで悩んでいる自分は弱い人間なんだ。やっぱり死のう」ってなりもする。


私は実際に自殺を企てたことはないが、意見を求められたので「心的苦痛が死ぬよりつらくなったら人は自殺するんじゃないですか」と答えた。これが正しいかどうかは別にして、そう思うのは様々な人の教えがあるからである。










我々の仕事は、相手の重荷を一緒に支え、負担を抱えたままわずかでも楽に前に進めるよう援助することだと思いなさい。…というのは学生時代、教師から言われた言葉である。

我々にできることはせいぜい、人が抱える困難や負担をわずかに軽くすることだけである。それをゼロにすることも肩代わりすることもできない。せいぜい一緒に支える努力をする程度のものである。


私の根源にあるのは今でもこの教えである。

人が自殺企図するほどの苦しみを失くすことは絶対にできない。わずかでもその人の苦しみを共有し、負担を軽くする努力をしなさい。それが自分の信念としてストンと腑に落ちた。



また、「どんなに裕福で恵まれた環境にいても人は自殺する」と、かつて未遂を経験した人に言われたことがある。

今の世の中は、傍若無人で自分本位で非常識な人ほど楽に生きられる社会である。心根が優しく常識的な人ほど損をしやすく、また生きるのが苦痛で仕方なかったりする。それがどんなに(他人の目から見て)恵まれた環境にいたとしても。






まがりなりにもそういう言葉を胸に留めている人間には、「なぜパワハラぐらいで自殺するのか」という質問自体よくわからない。そんなもん、死ぬよりつらいことがあるからに決まっているでしょう。

「逃げればいい」「辞めればいい」なんてのは健康でノープロブレムな人が判断することであり、本気で自殺企図する人間はそんな悠長なことを考えている暇はない。頭の中は「今日ここで死ねば明日は苦しまなくていい」に尽きるのではないかと思う。




自分が死ぬことによって様々な苦痛から解き放たれる想像。これがバラ色に見えるとき、人はおそらく死を選ぶのだろう。

もうあそこに行かなくていい。上司に罵倒されない。先輩に馬鹿にされない。いじめられない。親に隠さなくていい。独りで苦しまなくていい。…なんて世界が目の前にちらついたとき、誘惑に負けるとついフラフラと電車に飛び込みたくなってしまいます。





自殺企図はしたことないけど、ぶっちゃけ希死念慮は経験ある。なので気持ちはよくわかる。今の苦痛から逃れるためなら死でもなんでも選びたくなるよねぇ。


本気で追いつめられている人に「逃げる」「辞める」の選択肢はない。だから周りが強引に辞めさせるとか、苦痛を生じさせている環境をぶっ壊すとか、そういうことをしなければ永遠に救われないと思う。

ベテランになると我々でも実際に環境を変える計画を練ったり、それを実行に移したりするのだが、アマチュアの私にはまだ自信がない。


情けない。






とりあえず仕事柄、私は他者を援助する立場にあるが、実は少しだけ援助される側の要素も入っていると思う。正直ギリギリのところにいる気がする。

だからすごく気持ちがわかるし、共感もできる。それだけにうっかり入り込みすぎると危ない。「自分は専門職の人だから」と割り切って仕事しなければならないこともある。共感はいいけど同情は絶対ダメ。





職場の人たちも同じ援助者でありながら、「どうしてパワハラで…」という発言が出てくるのか疑問である。当事者にとっては「どうして雨の日に傘を差すんですか」レベルの話なのに。


専門職としては限りなく未熟だが、少なくとも人の苦痛がわかる人間でありたい。援助者と被援助者の間をさまよっているぐらいが一番いい気がする。どっちの意見もわかるし、両者の立場に立って話ができるから。









今ある苦しみから解き放たれるために、明日起きて職場が爆破されてなくなっていればいいのに、と願うことは頻繁にある。

つらい現実にいじめられまくっている全国の皆さん、ここにもひとり仲間がいます。職場の焼失や嫌がらせをしてくる人の失踪等、様々なことを願いながら眠りに就きましょう。


おやすみなさい。



« なんかかんか | トップページ | 体重減が止まらない »

Ⅵ.専門職の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/70335402

この記事へのトラックバック一覧です: どうして雨の日に傘:

« なんかかんか | トップページ | 体重減が止まらない »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとりごと

  • 今年初めてふるさと納税をした。どこかの特産品が欲しいとかは特になく、クラウドファンディングの企画があったのでそれにした。自分の生活を鑑みれば米か肉でも返礼品としてもらえばよかったのだろうが、それができないあたり管理人の変なプライドがある。微々たるものだが少しでも地球のためになればいいと思う。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中