« 黙るは得だが腹が立つ | トップページ | 逆境の中の陽 »

2017年3月15日 (水)

通院日3/15

一日一善。

路上で拾った50円を募金箱に入れた。





晴天なのに雨が降る困った天気の中、今日は通院日だった。

例によって「緑内障手帳」を忘れ、向こうで思い出す。お薬手帳は(忘れるとお金がかかるから)間違いなく持っていくのだが、どうしてもアレはうっかりしてしまうなぁ。



今日は緑内障外来だけで、半年ぶりに黄斑と視神経(乳頭)の写真を撮った。…のだが、なんらかの人為的ミスで写真がきれいに映らず、「悪くなっているかわかりません」だと。

なんだそりゃ! そりゃアンタたちの眼じゃないから「わからん」で済むのかもしれないが、私にとっては問題だっつの。失明や視野欠損の危険がないか確かめるために写真を撮ってるんじゃないのか。わからんで済むか!

こんなんでもきちんと撮影代は請求される。おかしくねぇ!?



こんなことやってっから病院に強制捜査が入るんじゃないのか。撮影に失敗しても写真代を請求されるのはおかしい。「一応このまま同じ目薬を続けます」って、私はちゃんとインフォームドコンセントされていないぞ!







(以下、通院日と関係ない話なので追記扱い)












せっかく最近まともな日が続いていたのに、昨日あたりから暗雲が立ち込めてきた。現状悪化ふたたびのサインだろうか。

3回に1回ぐらいの割合で職場の悪口を書いてきたが、「やっぱり人のことを悪く言うのはよくないよなぁ。自分だって完璧な人間じゃないんだからほどほどにしないとな」なんて思い始めた矢先である。



(眼の病気と何も関係ない話だが、)私は臨床心理士という民間資格保持者である。去年、職場で「民間資格のくせに」と見下されたことをきっかけに、半ば自虐的にそう名乗っている。

今の職場にはこの肩書で雇われ、日々さまざまな業務に携わっている。ただしお世辞にも環境がよい職場とはいえないので、学ぶことがなくなったらとっとと辞めてしまおうと考えている。「民間資格のくせに」一件以来、私は職場の人をまるで信頼していない。


そんな野望を抱く私のもとに、同じ職場ではあるが別の業務の依頼が舞い込んだ。他の心理士さんが手一杯になったことをきっかけに、「同じ心理士なんだから」という理由でこれまで以上に専門職らしい仕事に従事できることになった。

私にとってこれは朗報である。今の職場でいろんな経験を積んでおけば、あそこを辞めて次の職場を探すとき、「あれもこれもできます」と胸を張って主張できる。なので、この話を受けたとき、「(自信はないけど)やります」と即答した。実際に現在も継続してやっている。




とはいえ、拾う神あれば捨てる神あり。「民間資格のくせに」発言の首謀者である人たちが、これに猛烈に反発した。


本来の業務で私が抜けることにより、あの人たちの負担が(当然ながら)増えるわけである。といっても私は1ヶ月に5日ほど、半日いなくなる程度。これまで「民間資格は役に立たない」と言って自分の国家資格の認定書まで見せつけてきた連中が、今度は「仕事が回らない」といって私を非難してきた。

別の業務に携わっている最中でも、「これはあなたの仕事だから」とわざわざ呼びにやってくる。あまりに腹が立ったので「なんでできないんですか?そっちでやってくださいよ」と生意気に言い返したのだが、聞く耳を持たず。





それだけではない。


他の心理士さんの負担を減らすため、そちらの業務に携わるよう言ってきたのは上司である。私はこの人に雇われているのだから「嫌です」とは言えない。

なのに、まるで私が好きで仕事を取ってきているようにみなし、「ほどほどにしないと○○さんが大変だよ」「週に1度ぐらいにしたいって上司に言ってきたら?」「向こうの部屋が空いているからそっちに行って」…って、最後のは完全に嫌がらせだよなぁ。



要するにこの人たちは、自分の負担が増えるからそっちの仕事をするなと言いたいのだろう。職場で最年少の私は、日ごろから雑務を当たり前のようにこなしている。朝一番に来るのも私だし、他の人がコーヒーを飲んだり喋ったりしている間、黙々と仕事をしている。

それがなくなっただけであそこまで嫌味を言うか。代わりにやればいいだけの話なのに、そのありがたみを知らない奴らには理不尽に見えるのだろう。あの人たちの常識は私にはよくわからん。






あまりにも腹が立ったので、職場以外で話を聞いてくれる人には片っ端から喋った。喋るってやっぱり大事ですね。書くより気持ちがすっきりする。



ちなみに今晩のメニューは豆腐ハンバーグ。

具材を奴らだと思って切り刻み、奴らをこの手でにぎりつぶすようにこね、奴らの頬を張るように成形した。300gのミンチと2丁の木綿豆腐を使い、計9個のハンバーグができてしまった。勢いに任せてちょっと作りすぎた。


Img_3794

たくさんの憎しみを込めて作ったハンバーグ。

意外にも歯ごたえはふわっと優しく味は控えめであった。




私はあそこの職場で一生を終える気はさらさらない。もし次を探すなら、あそこで経験したすべてを全面的に売り出して、もっと環境のよいところに雇ってもらいたい。奴らには迷惑なだけかもしれないが、二足のわらじ状態で仕事ができるのはありがたいことである。



たぶん、彼らの発言の根っこには民間資格に対する揺るぎない差別があるのだと思う。その証拠に、上記の話の途中から他の心理士さんの仕事ぶりにまで話が及んだ。すべて私のせいなので、本気で謝りたい気分である。

民間資格だの国家資格だの、なんのためにいろんな資格を持つ人が同じ職場にいると思っているのだろう。できること、できないこと、得意なこと、わからないこと、それを網羅的にカバーするため複数の職種が連携するのではないのか。



誰かを支援するなんて偉そうなことを言っていても、人間ひとりにできることなんて限られている。いかに自分と違うものと対話し、相手を知ろうとこちらから歩み寄ることが人として大切なことではないのか。


…まぁ、あっちからすれば私の方が「クソ生意気で口答えばかりの後輩」ってことになるのだろう。私があれこれ愚痴を言った分、確実にどこかで自分のことも悪口を言われていると思う。

昔から利害関係のある人とは喧嘩になりがちなのよね。まるで言うことを聞かないから。利害関係のない人とはすごくうまくいくんだけどな。



« 黙るは得だが腹が立つ | トップページ | 逆境の中の陽 »

Ⅰ.眼の病気のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/69936201

この記事へのトラックバック一覧です: 通院日3/15:

« 黙るは得だが腹が立つ | トップページ | 逆境の中の陽 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとりごと

  • 今年初めてふるさと納税をした。どこかの特産品が欲しいとかは特になく、クラウドファンディングの企画があったのでそれにした。自分の生活を鑑みれば米か肉でも返礼品としてもらえばよかったのだろうが、それができないあたり管理人の変なプライドがある。微々たるものだが少しでも地球のためになればいいと思う。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中