« 憂い蜘蛛 | トップページ | 黙るは得だが腹が立つ »

2017年2月17日 (金)

読了『星の王子さま』

いやまぁ、昔から家にある本(児童書)だし、今さら感想を書く意味もないのだが。

でも大人になってから読むのは初めてかな。ストーリーを知っている人も多いと思うので、あらすじの記述やどうでもいい講釈は抜きにする。






『星の王子さま』は子どもの心を失くしてしまった大人に向けてメッセージを発する本であるが、私はどちらかというと子どもの心を持ち続けてしまった大人である。


考え方や価値観の根本は子どものころとおおよそ変わらない。幼いとか貧相とかいうレベルを越え、もはやバカなのだと自覚している。

自分が一番楽しかったのは小学生時代。あのとき学んだこと、経験したこと、喜んだり悔やんだりしたこと、今でもたまにふっと頭をよぎることがある。


それ以降のことはあんまりよく思い出せない。まるで別の誰かの人生を見ているかのようで、他人事みたいに説明することしかできない。たぶん私の時間はあのとき止まってしまったのでしょう。




なので、『星の王子さま』を読んでも教訓には全然ならず、「今さらなに当たり前のこと言うてんねん」と思う。むしろ大人になったことで変な知恵がつき、「王子さまは最後どうなったの?詳しく説明してくれ!」と作者を問いつめたい気分になる。読者が好きに想像すればいいのだろうけど。


私は物語に出てくるどの人物にも似ていないと(自分では)思うけど、望みを言えばキツネになりたいと思う。言うことがいちいち哲学的というか、単純なんだけど考えさせられるというか、そういう簡単な言葉で誰かを導ける人になりたい、と思う。

ストーリーには傲慢な王さまや、数字や自分の財産ばかり気にしている実業家など、明らかに考えが偏った大人たちが出てくる。でも、私は彼らを見下したり笑ったりすることはできない。私にだってあの人たちのようなところがある。傲慢だったり、うぬぼれ屋だったり、心が弱かったり。そうでないと思う人こそ何かが間違っているのではないだろうか。



ちなみにこの本は朗読にも向いている。私はたまに(周りに誰もいないとき)部屋でブツブツ声に出して読んでいる。普通の大人から見れば王子さまは相当へんてこな人だけど、私も同じぐらいへんてこな人だと思う。







「本当に大切なものは目に見えないんだ」


というのが『星の王子さま』最大のメッセージである。

世界に似たようなものがたくさん存在していても、自分が手塩にかけて育てたそのたったひとつのものは、自分にとってかけがえのない宝物であり、最後まで責任を持って大切に育て上げるべきものである。


なにかにつけてフッと思い出すもの、頭の端に無意識にポカンと浮かぶもの、それが「大切なもの」である。どんなにありきたりでも自分にとってそれは唯一無二のもの。


だってどうしようもなく愛しいんだもん。

…みたいなモノ、皆さんにはありますか。








私の場合、取り出してお見せすることはできないが、「だからまだまだ子どもだっていうんだよ!」みたいなモノがある。


やたら熱心に叶えたい夢だとか、小学生のころからずっと想い続けている事柄だとか、冷静に考えればおそろしくチンケなものである。詳細まで語ったら確実に笑い飛ばされるであろう。

王子さまのバラと同じように、それはときどき意地悪をして私をじわじわ苦しめる。だからポイッと捨てたくなることもあるけど、結局はそこに戻ってきてしまう。


そして、そのたびに再確認するのである。私は心底この「大切なもの」に心酔している。始まりは小学生のころ、今や私は20代後半。同じものを抱え続けるには長すぎる時間であった。バカと言われても仕方なかろう。


こんな私がプティ・プランスと出会えたらさぞ話が盛り上がるだろうに、フランス語が喋れないのが残念である。ボンジュールとメルシーぐらいしか知らない。いや、彼が日本語を喋ってくれるなら話は別か。バラと喋れるぐらいだから私とも普通に会話できるかもしれん。






フィンランドにサンタクロースがいるなら、小惑星B612に星の王子さまはいるだろう。

私自身、日本という国に○○という日本人が住んでいることを、フランスの人は誰も知らない。こうしてブログを書いている以上、ちゃんと存在しているのだが、その姿を見たことがないフランスやスペインの人は「いる」と言っても信じないかもしれない。


宇宙人やUMAも結局そういうことなのでしょう。たぶん。


« 憂い蜘蛛 | トップページ | 黙るは得だが腹が立つ »

Ⅲ.個人的レビュー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
子どもの心をもったまま大人になれたことって、素敵なことだと思います。
私のまわりにはいないので、そういった方の「星の王子様」の感想はとても興味深かったです。
変わらず、子供の心を持ち続けてほしいと思います。

コメントありがとうございます。

いや、自分ではつくづくバカだと思っています(笑)
世間には大人の哲学みたいなものがあって、「だからこうなんだ」と理詰めて説得されるのが一番嫌ですね。これからも一輪のバラを自分なりに大切にしたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/69625827

この記事へのトラックバック一覧です: 読了『星の王子さま』:

« 憂い蜘蛛 | トップページ | 黙るは得だが腹が立つ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとりごと

  • 今年初めてふるさと納税をした。どこかの特産品が欲しいとかは特になく、クラウドファンディングの企画があったのでそれにした。自分の生活を鑑みれば米か肉でも返礼品としてもらえばよかったのだろうが、それができないあたり管理人の変なプライドがある。微々たるものだが少しでも地球のためになればいいと思う。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中