« 通院日12/21 | トップページ | もれなく左腰痛 »

2017年1月 4日 (水)

休み明け恐怖

短い。なんで休みってこんなに短いのだろう。6連勤の週なんてめちゃくちゃ長いのに。3連休でさえ短く感じるのは何故!?

…まぁ、万国共通の「楽しいことはすぐ過ぎる」心理が働いているのでしょう。



あー、休み明けが怖い。仕事なんか行きたくない。2016年はホントに良いことがひとつもなかった。あそこまでドン底を味わったのはおそらく人生初。とはいえあれが本当に現状悪化の最下層で、2017年は違うという根拠はどこにもない。これからさらに悪くなる可能性は大いにある…。



年明け一発目の“ストレス始め”は、昨年に引き続き、年賀状での同級生の結婚報告~。からの、子どもが生まれた同級生の幸せいっぱい写真入り年賀状~。

…ああ、なんて反応していいかわからない。これまで他人事だと思っていたが、私も他人の写真入り年賀状に困惑する年齢になったということか。あと年賀状で結婚報告する人って何なの? してない人を馬鹿にしてんの!?







なんでもないことにイライラするのは私の悪い癖だが、一番腹が立ったのは「身内に不幸があった人は初詣に行ってはいけない」という迷信。じいちゃんに経を上げた寺の坊主に言われ、そんなアホなと思ってネットで検索したのだが、確かにそのように言われている(※諸説あり)。

なんでも神社では「死」=「穢れ」とみなされ、たとえそれが身内の死であっても、喪中の人間は少なくとも1年神社に足を踏み入れてはいけないらしい。理由はひとつ、神社に祀られている神様が嫌がるから。




…はぁ!?と法要の最中におもわず声を上げてしまった。


神様とか迷信とか考えつくのはいつも人間だろう。本当にこの世に神様というモノが存在しているかどうか、私には判断がつかない。やたら偉そうに説教したがる神職や仏道の人間も、所詮そういうモノの代弁者になった気でいるだけ。だから、神様が死を嫌がるという迷信も、初詣に行ってはいけないという決まりも、実はどこかの人間が作ったもの。

そんなもん誰が鵜呑みにするか! 私は行くからな! 誰になんと言われようと行く!と家の者に宣言し、1日にがっつり初詣に行った。5日にも行くつもり。ちなみに寺は神社みたいにうるさくないので行ってもいいらしいです。



大体、神様が嫌がったってだからどうなの? 私の運気が遠のくの? もうすでに遠のいているからこれ以下はないと思うけど。

ああいうのはどうせ人が作った迷信なんだから、信じるも信じないも自分で決めたらいいと思うんだよな。神も仏も人が「こういうもの」と定義するから存在するだけで、信じる人がひとりもいなくなったら消滅するわけでしょ。私はそんなことでヘソを曲げるような小さい器の神様など信奉したくもない。せめてもっとでかい器でいろよ。







こんなこと言ってっからドン底に落ちるのかなぁ。だがな、そんなもんにすがって抜け出せるほど生易しいものじゃないんだよ。現状悪化の闇は本当に底がない。そこらの神に理解できるとは思えん。



…ともあれ来週明けぐらいに寒中見舞いを出さねばなるまい。私が唯一「まともな人」と称する小学生時代の恩師は、年賀状に「ストレスをうまく発散してください」と書いておられた。長い付き合いだけあって何か通ずるものがあるのか。



年が変わったということは私もまた歳を取る。まだ20代だが世間的にはアラサーというのか? おお…恐ろしい響きだ。胃が痛くなるからやめてくれ。



ハァ…。どうか今年こそ良いことがありますように。せめて光熱費削減のため、部屋の暖房を21時以降限定にしなくてもいい生活を送れるようになりますように。この正月休みはマジ死ぬかと思ったわ。もれなく手足がしもやけになったしな!


はは、ボロクソにこけ下ろした神様に願うことではないか…。




« 通院日12/21 | トップページ | もれなく左腰痛 »

Ⅶ.雑記保管庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/69104944

この記事へのトラックバック一覧です: 休み明け恐怖:

« 通院日12/21 | トップページ | もれなく左腰痛 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ひとりごと

  • 趣味関係で浮かれ騒ぎながらも、じいちゃんの初盆の墓参りにはちゃんと行きました。近い身内が亡くなったのはじいちゃんが初めてで、本人の魂は今どこにあるのだろう?と真剣に考えてしまった。遺影と位牌は実家にある。遺骨と墓は霊園にある。本人の身体は焼けて煙になった。なら魂はいま何処に? お盆ってそもそもなんのためのイベントなの?冷静に考えると不思議だ。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中