« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月27日 (金)

為にはならず

去年8月、「現状悪化の底が見えない」と呟いてから約半年。


ただでさえ少ない給料がさらに減らされ、上司に「こっちはシビアな経営をやっているんだ。お前の給料に回す余裕はない」などと罵られ、他職種の先輩に「民間資格のくせに」「国家資格は格が違う」と何事によらず馬鹿にされ、2016年はいいことなんかひとつもなかった。

なので、2017年はもうちょっとマシな年になりますように、と願っていた。



…のだが、どうも願いは届かなかったらしい。

わしの現状悪化はマジで底がないようだ。







先と言えば先の話なのだが、平成29年4月から自分が加入している社会保険料が上がるのである。それも月額2000円も。

たかが2000円、などと思ってはいけない。私がこれまでの人生で最も節約していたころ、2000円というのは10日分の食費だった。つまりこの時代の生活がまだ続いていたとすると、月2000円さっぴかれる=毎月10日間絶食に等しい。さすがに今はそんなことはなくなったが、生活が苦しくなることには変わりない。




なぜ上がるかというと、理由は言わずもがな、高齢化社会によって膨れ上がる社会保障費の削減である。わしも最近頑張って勉強しているので、主に医療と年金の分野でバカほど金が必要なことはわかっている。しかし、国庫からの支出を抑えるため、我ら労働者の給料から保険料を徴収して賄おうとしているわけである。


…で、ついでにわしの食費も削減か。ただでさえカツカツの生活をしているのに、月額2000円(単純計算で年間24000円)もさっぴかれたら生命にかかわる。

私は3ヶ月に1度、眼科の通院で3000~5000円(3割負担)ほど支払う。これが家計の中で一番大きな支出であり、それでいて何があっても外せないものである。これをケチったら(最悪の場合)失明する。なので仕方なく食費や被服費を削減し、頑張って節約して通院しているのである。



いっそのこと失明して、障害年金や手帳をもらった方が楽に生活できるのではないか…と考えたこともある。でも、なんかそういうのはおかしいし、眼のことでたくさん励ましをくれた人たちに悪いし、すでに緑内障で視野欠損している母を冒涜するような行為だし…。今のところ実行してはいない。



今日、大きな交差点の前でそんなことを考えていたらなんだか悲しくなって、涙がこぼれないように上を向いて歩いた。そしたら本当にこぼれなかった。永六輔さんってすごいな。










…こんな泣き言ばかりこぼしていると、「もっと給料がいい別の仕事に移ればいい」「努力しないから貧乏なんだ」と言われる。去年の8月あたりから騒いでいるのも、「現状悪化はオマエのせいだろ。他人のせいにするな」と責任転嫁を指摘される。



ま、確かに責任転嫁はあるかもね。努力も嫌いだし。


ただ、今の仕事はほんと好きでやってるって感じで、上司や先輩に「民間資格のくせに」とボロクソに言われても辞める気にはならない。自分にとってああいう連中はバクテリア以下の下等生物に思えるため、奴らに何を言われようと黙っていられる。

自分が一介の専門職として日ごろ顔を合わせている人(平たく言うと「患者さん」)、彼らにさえ迷惑をかけていなければ問題ないと思う。別に礼を言われるためにやっているのではないが、何かの拍子に「××さんがいてくれてよかった」と言ってもらえたらやはり嬉しくなる。そんなこと職場の身内に言われたって全然嬉しくない。誰かに満足してもらってこその専門職だと信じている。


それでも物理的な給料の手取りが下がる一方なのは、専門職としての私の仕事が評価されていないからだろう。それがまっとうであるかどうかは知らない。私の評価なんてどうせ他人が勝手につけるものであり、いくらでもバイアスをかけて捻じ曲げられるものである。



「もっと評価してもらえるところに行けばいいではないか」とも言われる。世間にはたぶんもっとまともな職場があって、まっとうな評価を受けてそれなりの給料を得ている人は大勢いるだろう。

だが、それを選択しないということは、私は自分で現状悪化の未来を選んでいるのでしょう。信念なんて言ったら嘘くさいと思われるかもしれないが、他人の評価も物理的な給料も本当はいらない。



批判を覚悟で言うならば、
私という人間の強みは、他人の悲しみや苦しみに胸を痛めることができること、誰のどんな評価にも関係なく目の前の人に無条件に親身になれること、それに尽きると考えている。

それを活かせる職業が今の専門職だった。万が一にも患者さんにとって致命的なミスを犯さない限り、民間資格だなんだと文句をつけられながらもめげずに続けていかねばならん。私は自分のために仕事をしているのではない。必要とする人のために自分はここにいるのだと日ごろから言い聞かせている。





こんな人間でも、いや、こんな人間だからこそ、底が見えない現状悪化の闇に苦しめられる。どんなに足掻いてもなんやかんやと邪魔が入り、自分の生活を持たせるのが精いっぱいになる。なんかよくわからんけど、たぶんそういうものなのでしょう。多少のプライドと向上心がなければ人は出世できません。






ひとの為、誰かの為と励めども、ひとは己の為にはならず。


そんなこんなで、また4月から生活が苦しくなること確定である。現状悪化は誰のせいでもない、自分のせいです。それが原因で精神的に追い込まれることも多々あるが、自覚しているだけマシではないかと思う。なので弱音も泣き言も許してください。


私は真面目に年金も保険料も納めているが、自分が老年になったときどうなるか想像するだけで背筋が凍る。80歳でも現役でいるような身体の持たせ方をしなければ生きていけない。あるいは50歳ぐらいで寿命を終える努力?をするかだろうな。


2017年1月20日 (金)

もれなく左腰痛

自分のブログって定期的に見返すべきだな。そのときは気分が盛り上がってやたら偉そうで高尚なことを書いていても、時間が経てばすっかり忘れて書きっぱなしの自画自賛で終わってしまう。

ま、それでも5年前の自分と今の自分では立場も何もかも違う。学生のころはまだ輝かしい希望に満ち溢れていた。それが今やこんな奴になっちまったんだから、私の人生ってほんと失敗だったなぁなんて思うわけである。

大体、ブログの色が数年前からどう見ても喪中なのもおかしいだろう。始めたころはもっと明るい色だった気がするのだが、いつこうなってしまったのやら。






世間はトランプ次期大統領の就任式がどうのと盛り上がっているが、所詮私には関係のない話である。向こうの大統領がオバマさんだろうとトランプさんだろうと、私の極貧生活にはなんら変わりはない。トランプさんになって給料が上がるってんならちょっとは注目するだろうが。

大体さぁ、民主主義の国が国民投票で選んだ大統領を今さら拒否するのはおかしんでないの。嫌なら投票しなければよかっただけで、アメリカにはあの人に通ずる思想の持ち主が馬鹿ほどいるってことでしょうよ。向こうの人々は大統領個人を拒絶するのではなく、国に根付くそういう思想を敵に回すべきだと思う。



社会に出て嫌ほどわかったが、思慮深く誰にでも親切で、性別や人種および宗教、あるいは学歴や年収、主観的幸福感といったものに左右されない博愛主義者…なんて人はまず出世できない。できると思っている人はフィクションの見すぎである。

人は誰しも平等で慈しみ深くあるべきだが、そうなれないのがこの生物の醜いところである。どんな人にも少なからず、何かの才能で他人より抜きん出たい、世間的に良とされる収入を得たい、なんていう欲がある。それを持たない人は、よほど運に恵まれた人か神に選ばれた人でない限り、地べたを這いつくばって他人に笑い者にされるのがオチである。




…私自身、何度そういう目に遭ってきたことか。「人を蹴落としなさい」「人より抜きん出なさい」という教えに対し、全力で拒絶して現在に至る。私という人間は口ばかり達者で、運にも神にも恵まれていなかったようです。

そりゃ、キャリアのためには人を蹴落とすことも必要だろうが、私はそういうことをしている自分を醜いと思う。現代の言葉で言えばキモい。人を貶めて嫌な思いをさせている自分も、他人の悪口を言って楽しんでいる自分も、想像するだけで嫌だ。そのお陰で出世とも地位とも無縁で、いまだに地べたを這いずり回っているのだが。


それに比べりゃ政治家なんて、国会で居眠りするか、悪口を言うだけでお金がもらえるんだからいいよねぇ。悪口の標的ははっきりしているし、批判されたら謝罪なり撤回をしてハイおしまいなんだからさ。




アメリカも韓国も、もしかしたら日本もそうかもしれないが、「自分だけが幸せであればよい」なんて思想は本当に利己的で、人というより動物に近い。自分の腹だけが膨れたらよい、自分の遺伝子だけが後世に残ればよい、弱者や負け犬は自然の摂理に従って死ねばよい。動物としてはそれでいいのかもしれないが、果たして人としてどうなのだろう。

人類だってもとを辿ればバクテリアの発生から命をもらっているわけで、根本は他の生物とそう変わらないのかもしれない。だが、仮にも国を動かす立場の連中がそれではいかんだろう。それが影響力のある金持ちならなおさら、もっとそれ以外の人間に目を向けんかい。


…なんて言っても説得力ないだろうけど。








太鼓持ちは私が一番屈辱的と思う行ないである。つまらない人間に媚びるのは絶対嫌だ。それならいつまでも負け犬でいい。

なんであんな国にヘコヘコしなきゃならないのだろう。冒頭でも言ったが、どちらさんが大統領でも私の給料が上がるわけではなく、誰が困ろうが株が下がろうが全然関係ない。それより自分に明日の飯があるかどうかが最優先事項である。





先日、安い業務スーパーで食材の大量買いをし、重い荷物を持ったせいで腰を痛めてしまった。服など3割引きや半額のときしか買えないこの悲しみ、どこの政治家に理解できるというのか。

管理人が絶望的に嫌いなのは、1に政治家、2に教師、3に医者。理由は他人の苦しみがわからない連中だから。こんなのが人の未来を左右するかと思うと反吐が出るね。



2017年1月 4日 (水)

休み明け恐怖

短い。なんで休みってこんなに短いのだろう。6連勤の週なんてめちゃくちゃ長いのに。3連休でさえ短く感じるのは何故!?

…まぁ、万国共通の「楽しいことはすぐ過ぎる」心理が働いているのでしょう。



あー、休み明けが怖い。仕事なんか行きたくない。2016年はホントに良いことがひとつもなかった。あそこまでドン底を味わったのはおそらく人生初。とはいえあれが本当に現状悪化の最下層で、2017年は違うという根拠はどこにもない。これからさらに悪くなる可能性は大いにある…。



年明け一発目の“ストレス始め”は、昨年に引き続き、年賀状での同級生の結婚報告~。からの、子どもが生まれた同級生の幸せいっぱい写真入り年賀状~。

…ああ、なんて反応していいかわからない。これまで他人事だと思っていたが、私も他人の写真入り年賀状に困惑する年齢になったということか。あと年賀状で結婚報告する人って何なの? してない人を馬鹿にしてんの!?







なんでもないことにイライラするのは私の悪い癖だが、一番腹が立ったのは「身内に不幸があった人は初詣に行ってはいけない」という迷信。じいちゃんに経を上げた寺の坊主に言われ、そんなアホなと思ってネットで検索したのだが、確かにそのように言われている(※諸説あり)。

なんでも神社では「死」=「穢れ」とみなされ、たとえそれが身内の死であっても、喪中の人間は少なくとも1年神社に足を踏み入れてはいけないらしい。理由はひとつ、神社に祀られている神様が嫌がるから。




…はぁ!?と法要の最中におもわず声を上げてしまった。


神様とか迷信とか考えつくのはいつも人間だろう。本当にこの世に神様というモノが存在しているかどうか、私には判断がつかない。やたら偉そうに説教したがる神職や仏道の人間も、所詮そういうモノの代弁者になった気でいるだけ。だから、神様が死を嫌がるという迷信も、初詣に行ってはいけないという決まりも、実はどこかの人間が作ったもの。

そんなもん誰が鵜呑みにするか! 私は行くからな! 誰になんと言われようと行く!と家の者に宣言し、1日にがっつり初詣に行った。5日にも行くつもり。ちなみに寺は神社みたいにうるさくないので行ってもいいらしいです。



大体、神様が嫌がったってだからどうなの? 私の運気が遠のくの? もうすでに遠のいているからこれ以下はないと思うけど。

ああいうのはどうせ人が作った迷信なんだから、信じるも信じないも自分で決めたらいいと思うんだよな。神も仏も人が「こういうもの」と定義するから存在するだけで、信じる人がひとりもいなくなったら消滅するわけでしょ。私はそんなことでヘソを曲げるような小さい器の神様など信奉したくもない。せめてもっとでかい器でいろよ。







こんなこと言ってっからドン底に落ちるのかなぁ。だがな、そんなもんにすがって抜け出せるほど生易しいものじゃないんだよ。現状悪化の闇は本当に底がない。そこらの神に理解できるとは思えん。



…ともあれ来週明けぐらいに寒中見舞いを出さねばなるまい。私が唯一「まともな人」と称する小学生時代の恩師は、年賀状に「ストレスをうまく発散してください」と書いておられた。長い付き合いだけあって何か通ずるものがあるのか。



年が変わったということは私もまた歳を取る。まだ20代だが世間的にはアラサーというのか? おお…恐ろしい響きだ。胃が痛くなるからやめてくれ。



ハァ…。どうか今年こそ良いことがありますように。せめて光熱費削減のため、部屋の暖房を21時以降限定にしなくてもいい生活を送れるようになりますように。この正月休みはマジ死ぬかと思ったわ。もれなく手足がしもやけになったしな!


はは、ボロクソにこけ下ろした神様に願うことではないか…。




2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとりごと

  • GYAOで『ペット・セメタリー』を観た。ホラー小説で有名なスティーブン・キング原作である。この手の映画はなぜヤバい奴がいるとわかっている屋敷にひとりで踏み込むのだろう。バラバラにされた人体の一部でも降ってきたらどうするんだ!と思ったが、そんなことはなかった。ちなみにペットとタイトルに名がついているものの、結局一番怖いのは人間だと理解した。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中