« 白髪の夢 | トップページ | 祖父に冥福を »

2016年11月23日 (水)

鑑賞『ファンタビ』

タイトルが長いので略した。

正式名は『ファンタスティックビースト』。

原題をそのまま訳すと『幻の動物とその生息地』になるのだろう。3部作だの5部作だのと言われているが、どれが本当なのやら。



ハリポタシリーズは全部鑑賞しているが、公開初日に観にいったのはおそらく初めて。そんなにびっくりするほど混んでいたわけではない。むしろ別のスクリーンで『君の名は。』をまだやっていることに驚いた。ああいう青春系はほんと苦手なんだよな。

上映前に流れた予告編も「○○万部の人気コミックを映画化!」ばっかりで、もういいよ、そういうのは飽きたよ、と思うような代物のオンパレード。なんかもっとましな映画は作れないのか。私が唯一椅子に座り直して観たのは、殺人事件が絡むサスペンス系の予告編。

最近のドラマも然り、漫画や小説の映像化だけじゃなくオリジナルの脚本も書いてほしい。アニメの実写化とか本当にいらないし。がっかりするからやめて。




とはいえ、今年に入って初めての映画鑑賞。もうすぐ2016年も終わるけど。小学生のころから好きなハリポタのスピンオフなので、ドキドキしながら観にいきました。



(以下、ネタバレがあるのでお気を付けください)














ホグワーツの教科書にもなっている「幻の動物とその生息地」は実は私も1冊持っている。日本語訳のだけど。

買ったのは私がまだ小学生か中学生のころで、このころはまさかこの教科書が映画化されるとは思っていなかったなぁ。なのでさっぱり内容を憶えておらず、最近になって読み返した。


ニフラー、ボウトラックルという魔法生物は本編にも出てきたから、どういう生物かぐらいは説明できる。しかし、オカミー、エルンペント、マートラップの名は聞き覚えがあるが思い出せない。あとで見返したらちゃんと教科書に載っていた。すみません、勉強し直します。



ニュート・スキャマンダー役のエディ・レッドメインさんは、『レ・ミゼラブル』の印象が強すぎてまったく個性が頭に入ってこなかった。何かもっと特徴的な髪形をするとか、奇抜な服を着るとかすればよかったのに。缶詰工場のマグルの方が特徴が際立っていたよ。






(※ 重大なネタバレあり ※)



今回はイギリスの魔法使いとの絡みが少なかったように思うけど、続編があればいろいろ出てくるのかね。ダンブルドアは名前だけ、ホグワーツも名前だけ、ニュート・スキャマンダーはマフラーの柄から察するにハッフルパフ出身か。レストレンジの名前にもつい反応したけど、いつか本人が出てくるのかなぁ。名前からして死喰い人に加入していそうな気がする。

いや、そもそもこのころイギリス情勢はどうなってんだ? ヴォルちゃんは生まれているのか? 今ごろホグワーツの生徒だったりして…?




…にしても、ゲラート・グリンデルバルドの名前が出て驚いた。この人は一体アメリカで何をしていたのやら。確かこの人もそこそこ闇の魔法使いで、ダンブルドアと意気投合して死の秘宝を追っていたはず。

あ、ダンブルドアの妹が死んだあとイギリスを出ているから、そのときアメリカに渡ったのかな。あのあと釈放されるか脱獄するかでイギリスに戻り、ニワトコの杖を手に入れてダンブルドアとの決闘に負け、監獄に収監されたのか。うーむ、そういえば死の秘宝のマークのネックレスを渡していた。まだこれを追っている最中ということか…。



などなど、いろんな想像が膨らんで楽しい。魔法界の年表はさすがに頭に入れていないので、何年に何があったかとかさっぱりわからない。歴史が苦手なのは人間界でも魔法界でも一緒です。

今作のヒロインはティナ・ゴールドスタインという名前なのだが、そういえばレイブンクローの生徒にアンソニー・ゴールドスタインというのがいた。おそらくイギリス人だと思うが、この苗字の一致は偶然なのか…? (それとも私の考えすぎか)




本編とは違ってかなりあっさり人が死ぬ映画であり、原作本にも出てこないなんだかよくわからない魔法生物も多数出演する。フウーパー、ディリコール、あとナールかジャービーらしき生物も見て取れたが、合っているかどうか自信がない。


いつかニュートが説明してくれることを祈る。

こういうハリポタ関連の知識って何かの役立つのだろうか。




« 白髪の夢 | トップページ | 祖父に冥福を »

Ⅲ.個人的レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/68555947

この記事へのトラックバック一覧です: 鑑賞『ファンタビ』:

« 白髪の夢 | トップページ | 祖父に冥福を »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ひとりごと

  • 趣味関係で浮かれ騒ぎながらも、じいちゃんの初盆の墓参りにはちゃんと行きました。近い身内が亡くなったのはじいちゃんが初めてで、本人の魂は今どこにあるのだろう?と真剣に考えてしまった。遺影と位牌は実家にある。遺骨と墓は霊園にある。本人の身体は焼けて煙になった。なら魂はいま何処に? お盆ってそもそもなんのためのイベントなの?冷静に考えると不思議だ。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中