« 儚き命に花束を | トップページ | 通院日8/31 »

2016年8月11日 (木)

ヤケクソな盆休み

ま、ヤケクソにもなるわいなーという今日このごろ。

出来事を羅列するだけでも疲れる。ほんと馬鹿馬鹿しいったらないわ。



以前、私のようなサスペンスドラマを好んで見る人は犯罪者になりやすいと言われたことがあるが、あれは逆だと思う。サスペンスをよく見る人ほど、犯罪がいかに割に合わない行為かよくわかっている。どんなに頭脳を絞って完全犯罪を目論んでも、大抵の場合はすぐ捕まる。

せっかく目的を達成したって捕まったら意味ないじゃん。そういう自制心(?)が働くから、サスペンスドラマをよく見る人、特に犯人の立場で物事を考えてしまう人はおそらく犯罪には走らない。


損か得かと言われたら損だと思うよ。大抵の場合、人間の脳が考えつく犯罪はあっさり論破されて逮捕されるから。





…そうでもなければ今ごろ傷害事件に発展しているぞ! 私の憤り&怒りはとっくの昔に沸点に達している。実際に手を出さないだけましだと思え!







ううむ、もし私が何かやらかしたらこのブログも捜査されるんだろうな…。





幸運にも、何かしでかす前にうまいこと盆休みに入ったので、この間に消化できたらいいなぁと思う。半ばヤケクソになって予定を組んだので、に行った翌日にに行くことになっている。大丈夫か、自分…。


先月の金魚の逝去をはじめ、これまでのところいくつかの別れがあった。悲しくて寂しくて、なぜ私はいつも残されるのだろうと悲嘆に暮れてしまう。まぁ、動物と比べると人間の方が寿命が長いのは当たり前だけど。相手に先立たれないためにはゾウガメとか飼わなきゃ駄目だろうか。


なんかなぁ…。近ごろの私は失うものばかりで、よくない疫病神でも憑いてんじゃないかって思う。すでに最下層レベルのこの現状、もうこれ以上悪くはならないだろうと高を括っていたら、まだ底があったらしい。自分なりに何か変えようと努力しても空回りばかりする。

金魚たちの死といい、職場での待遇悪化といい、イライラが最高潮に達した自分の精神状態といい、私は一体どこまで落ちていくのやら。最下層まで追い込まれたことは何度もあるが、大人になってからはこれが初めてかもしれない。山やら海やら自然の産物を見て心を癒さなきゃやってられないよ。







…で、ヤケクソになった今なら勢いで行けるかと思い、今日は入院中の祖父を見舞ってきた。自分の祖父でありながら、ようやくといったところか。もはや自分でご飯さえ食べられず、痩せさばらえて骨と皮になった祖父を見たくないという気持ちから、ずっとお見舞いを先延ばしにしていたのである。


気を強く持てと自分に喝を入れて行ったのに、やっぱり実際に目にすると涙が出てきて止まらなかった。目の前にあったのは、生きているのか死んでいるのか釈然としない、骸骨のように痩せこけた祖父の姿である。「××やで。遅くなったけど来たで」と声をかけても反応しない。祖父の元気だったころを憶えている分、見ているのが本当につらかった。


私が誰であるか、それがわかっているかどうかも不明である。せっかく来たのにごめんなぁ、と言いながら、ベッドサイドで恥も外聞もなく泣いてしまった。病室には他の患者さんも看護師さんもいるのに、あんな人前で泣いたのは初めてかもしれない。




それがヒトであれ、金魚であれ、生きるか死ぬかはごく単純である。一度死んだものは二度と戻ってこない。呼びかければ戻ってくるのではないか、祈ればすべて最初からやり直しになるのではないか、生き物の死に立ち会うたびに思ってしまう。でも、それは絶対にない。


だから、あとで後悔するぐらいなら自分にできることを精いっぱいやった方がいいと思う。今はまだ医学の力で命を繋ぎとめているが、祖父がもう長くないことは私にもわかる。その姿を見てたとえ涙が止まらなくてむせび泣いてしまっても、祖父に私のことがわからなくなっても、「あのとき行っとけばよかった」と思うのだけは絶対に嫌だ。


あの金魚たちの死に意味があるとすれば、ずっとお見舞いを先延ばしにしていた意気地なしの私にそう決意させてくれたことかな。

去り際に、「私の代わりに置いていくわ」とピカチュウのぬいぐるみを枕元に置いてきた。まぁちょっとしたジョークだが、子どものころの私といえばポケモンだから、あれを見れば祖父も何か思い出すかもしれないし。





お盆に見送る魂がこれ以上増えませんように、と毎年願っているんだがな。やっぱりどうしても増える一方だよな。命がなくなるときは本当に一瞬だから、みんな大切にしてほしいと心から願う。



私はもうヤケクソだからいいのよ。

状況は悪くなる一方、現状悪化の底が見えない。(名言確定)



ここからどこまで転げ落ちるのやら。とりあえず勇気を振り絞って祖父に会いにいけたのはよかった。あとは山、海と自然を満喫したいと思う。それからのことはまた今度考えよう。



« 儚き命に花束を | トップページ | 通院日8/31 »

Ⅵ.専門職の日常」カテゴリの記事

コメント

お盆休みももう終わりかな.
リフレッシュできていますか.
お見舞いに行けて良かったじゃないですか.
それに山と海.夏らしいですね.
パワハラが終わらないのですねぇ.
困りました.
人の噂も何とやらでなんとか無くなれば良いのですが.

残暑お見舞い申し上げます。
暦の上では秋なのに、いつまでも暑いですね。

一度パワハラらしきものを受けると、「次また同じことをされるんじゃないか…」とか思い始めるので心の健康によくありませんね。学生のイジメと同じメカニズムのようです。
さすがにこれでは駄目だと思い、本格的に転職を考えることにしました。職場には次が決まってから言いたいと思います。もちろん辞職理由はパワハラで。

お盆休みは例年にないほど充実していた気がします。後半、疲れが出たのか風邪を引いてしまったのですが…(笑)
いつも励ましありがとうございます(>_<)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/66952849

この記事へのトラックバック一覧です: ヤケクソな盆休み:

« 儚き命に花束を | トップページ | 通院日8/31 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ひとりごと

  • 趣味関係で浮かれ騒ぎながらも、じいちゃんの初盆の墓参りにはちゃんと行きました。近い身内が亡くなったのはじいちゃんが初めてで、本人の魂は今どこにあるのだろう?と真剣に考えてしまった。遺影と位牌は実家にある。遺骨と墓は霊園にある。本人の身体は焼けて煙になった。なら魂はいま何処に? お盆ってそもそもなんのためのイベントなの?冷静に考えると不思議だ。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中