« 必然を捨て去る | トップページ | メリーバッドエンドな物語 »

2016年5月 1日 (日)

単身者のGW

職場から半ば強制的に有休を取らされ…

もとい、職場から有休をもらって長いGW休暇に。正直別に嬉しくないんだけど。ムダに家にいる時間が増えて退屈だし。光熱費は食うし。



それでもGW前半は交通費のかからない範囲で近場の観光地に行ってきた。入場料は仕方なしに払うけど、1000円越えるところは問題外。600円ぐらいで入れるところがベスト。

しかし、自分が行くところ行くところ、カップルか夫婦か親子連れしかいないのな。単身者の姿などほとんど見当たらず、目につく9.9割の人々がリア充。要するに完全アウェー。単身者はもっと暗くて狭いところ、たとえば映画館なんかに去れということか?



…いや、そんなことでめげてはいけない。せっかく引きこもり体質の自分が外に出ようとしているのだから、押し寄せるリア充の波など踏み越えてゆけ! そう心を強く持ち、本日5月1日も意気揚々と出かけたのだが、突如ぶつかったのはメーデーの交通規制。忘れてた…。

この暑いのにデモ隊の皆さんも大変でしょう。恵まれない貧困労働者のひとりである自分も参加すべきだったのかもしれないが、すみません、私は自分の用事を選びました。ああいうのってどこで募集してんのかな? 「戦争法案反対!」「貧困市民に救いの手を!」と私も声を大にして叫びたかった。




で、そんなこんなでやってきたのは地元の動物園。


改装されてからずっと行きたかったんだよね。今の仕事をしていなかったから動物園の飼育員になりたかった私、くれぐれも動物と飼育員さんの迷惑にならないよう気を付ける。

それ以外は、目の前のリア充どもをかき分けて最前列に割り込んだりと大人げない行動を取っていた。同じ入園料を払っているんだから、この私にだってじっくり動物を見る権利はあるはずだ! そう開き直ったお陰か、野郎どもの喧嘩の仲裁に入るサル山のボスザルに感心したり、目の見えないペンギンに手渡しで餌をやる飼育員さんに感動したり、羽を広げたインドクジャク(オス)の美しさにみとれたり、腑抜けた顔のネコ科猛獣たちに呆れたりできた。





ということで珍しく充実した1日だった。交通費0円で行けたのがなんといっても嬉しい。


GW後半はDVD鑑賞でもして過ごそうかなー。また急に気を起こしてどっか行くかもしれないけど。

しかし、この国は少子化って本当かい? それにしてはあっちこっちカップルやら親子連れやらが目につくのだが…。私の周りにいるのもほぼ2人以上子どもがいる夫婦ばっかりだし、単身者の方が珍しいほどよ。普通に暮らしていたら少子化だとか信じられませんな。

Photo


私は恵まれない貧困労働者なのでそういうのとは無縁です。メーデー!


« 必然を捨て去る | トップページ | メリーバッドエンドな物語 »

Ⅶ.雑記保管庫」カテゴリの記事

コメント

お元気そうで何よりです。

だいぶリズムができてきました。
なかなか休みが取れず、GWも日曜日以外は毎日大学へ行って課題やら発表準備をします。
体を壊さぬよう、多少の加減はします。

動物園、いいですね。
私も動物園、特にさびれた動物園が好きです。
暇そうなペンギンとか、暇そうなレッサーパンダとか、飽きずに長い時間観察しています。

よいGWを!

私もそういえば入学直後から修論のテーマとか決めなきゃいけなくて大変でした。最近やけに暑い日が続いていますので、体調管理などお気を付けください。

動物園に行った日も暑かったので動物たちはみんなだれていましたね。ライオンもヒグマも寝転がって動かないし。水の中を泳ぐペンギンが羨ましかったです(*^_^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/65260757

この記事へのトラックバック一覧です: 単身者のGW:

« 必然を捨て去る | トップページ | メリーバッドエンドな物語 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ひとりごと

  • 趣味関係で浮かれ騒ぎながらも、じいちゃんの初盆の墓参りにはちゃんと行きました。近い身内が亡くなったのはじいちゃんが初めてで、本人の魂は今どこにあるのだろう?と真剣に考えてしまった。遺影と位牌は実家にある。遺骨と墓は霊園にある。本人の身体は焼けて煙になった。なら魂はいま何処に? お盆ってそもそもなんのためのイベントなの?冷静に考えると不思議だ。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中