« レンズ新調 | トップページ | 通院日9/25 »

2015年9月11日 (金)

@niftyの対応に憤懣

つい先日、ココログに登録しているアドレスにとあるメールが来た。

「あなたのアカウントは1年以上使用された形跡がありませんので、9月○日に@niftyIDを停止します」

…といういきなりの内容である。



わざわざ説明するまでもなく、私は先月末にも記事を更新したばかりである。「1年以上使用された形跡がない」というのは明らかな事実無根であり、むざむざアカウントを停止される筋合いもない。

まさに理解不能…。

すぐさまサポートセンターにメールした。




すると、数日後に返信が。

「メールに記載されていたIDと、あなたがお持ちのIDは違うのではないですか」

なにその言い草。
メールを送りつけてきたのはそっちだろ? 調子に乗りやがって!



と思いながら調べてみると、なんとまさにその通り、メール記載のIDと私のIDが違っていたのである。だが…だとすればなぜ私のアドレスに私が使用していないアカウントのメールが来るの?

腹が立つというか、もはやこうなるとアカウントの乗っ取りなども現実にあり得る話。このまま黙っているのもアレなので、言うべきところは言ってやろうと思い、私にしては丁寧な書き方のメールを送信した。


「確認したところ、ご指摘の通りIDが違っていました。それでもこのアドレスにメールが来たということは、どこかでIDが新たに登録されたということでしょうか?(そんなことがあるのでしょうか?)
今回メールが来たIDに関しては、私は身に覚えがないので継続は希望しません。いつの間にか違うIDを使用していることになっているとすれば、それに即した対策を取らなければならないので早急に原因究明されることを願っています」



その返信がこれだ。(一部抜粋)


「お知らせいただきました@niftyIDについて確認いたしましたところ、メールサービスの提供、インターネット接続のご契約、ご利用料金の請求などはございません。
※無料IDとは、@niftyで提供している無料のサービスおよび有料Webコンテンツの一部をお楽しみいただける月額基本料が無料の会員制度ですがお申し込み経緯についての確認はいたしかねます。何卒ご了承ください。
ご参考までに下記に無料IDについてご紹介したページを記載いたしますので、ご一読いただけますと幸いです。
今回、継続不要とのお申し出をいただきましたため、対象の@nifty IDはお知らせメールに記載の日時以降、解約とはなりますが、今後も@niftyでは、より良いサービスの提供を目指し、鋭意努力を続けて参る所存でございますので、今後とも@niftyをよろしくお願いいたします」




…こいつらは本当に日本語がわかっているのか?



私は自分に身に覚えのないアカウントが(しかもこの1年以内に)作られていることに危機感を抱いているのに、こいつらは「じゃあ不要なアカウントは削除しますね」という返事しかしてこない。私は「どうにかしてくれ」と言っているのではなく、ご丁寧に「原因究明してください」と言っているのに、それに対する返事はメールのどこにもない。こいつらはいつも組織ぐるみでこういうことをやっているのか。

なにが「継続不要とのお申し出をいただきました」だ。身に覚えがないっつってんのに、私が仕方なく譲歩したみたいなことを言うなよ。私はそっちで勝手にしてくださいと言っているだけであって譲歩なんかしてません。この1年、私は転職やらなんやらで忙しく、別のアカウントを立てる余裕なんかないっつーの。

そっちがメールを送り間違えたんじゃないの? そういう可能性だってあるだろ。それに関してはスルーかよ! 鋭意努力を続けて参る所存なら、私のメールにもっとまともな返事をしろ!




実はこのアドレスは、以前にも別のところで勝手にログインパスワードを変更されるトラブルがあった。乗っ取りやらなんやらが怖いので、アドレスそのもののパスワードを変更したりと対応していたのだが、それに続いてこれである。

トラブルがあった別の場所のアカウントはすでに解約した。だって勝手にお金を使われたりしたら怖いじゃん。この@niftyのIDでも何があるかわからないし、何か起きる前に早々に解約した方がいいのかな。もともとサポートの対応が悪いと有名なブログだったし、このまま続けるにも不安が大きくなってきた。




多くの人にご愛顧いただいたブログだが、現在ちょっと存続を危惧している。私の唯一の不満と愚痴のはけ口がなくなるのは困るので、ココログをやめても別のところで再開するとは思うけど。


サポートの人たちがどういう連中か知らないが、これで給料もらっているならもうちょっとまともな仕事をしていただきたいと思う。あまりにもこちらの言語が通じないというか、書いてある言葉の意味をまるで理解してくれず、国籍が違うのではないかと心配になるレベルで@niftyとのすれ違いを感じた。

つーか、コピペで切り貼りしたのが見え見えなメールを送ってくんなよ。



いろいろ突っ込みどころがありすぎてもう怒る気力も失せました。

所詮は「サービスをタダで使わせてもらっている」立場ですからね。あんまりうるさく言うと私が悪者に仕立て上げられるんでしょうね。こういう運営会社の連中は馬鹿ばかりだと身を以って実感しました。


« レンズ新調 | トップページ | 通院日9/25 »

Ⅶ.雑記保管庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/61566838

この記事へのトラックバック一覧です: @niftyの対応に憤懣:

« レンズ新調 | トップページ | 通院日9/25 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとりごと

  • GYAOで『ペット・セメタリー』を観た。ホラー小説で有名なスティーブン・キング原作である。この手の映画はなぜヤバい奴がいるとわかっている屋敷にひとりで踏み込むのだろう。バラバラにされた人体の一部でも降ってきたらどうするんだ!と思ったが、そんなことはなかった。ちなみにペットとタイトルに名がついているものの、結局一番怖いのは人間だと理解した。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中