« この1年… | トップページ | 本職にリターン »

2015年3月19日 (木)

相棒Season13終了

例によってバイトが入って見れなかったので、ビデオに撮って今日見ました。

本当は土曜日にゆっくり見ようと思っていたんだけど、ネットニュースでやたら騒がれているのを見て、「これはネタバレされるのは時間の問題だ!」と慌てて鑑賞した。



……感想?


いやー、まー、なんていうか……ねぇ。



ネットでは殉職するんじゃないかと憶測が飛んでいたが、私は個人的に「カイトくんの彼女が外国に行かなきゃ治療できない病気にかかり、ラストは2人で仕事を辞めて外国に行くシナリオ」ではないかと睨んでいた。亀山さんとちょっと似てるけど。

……が、まさかのあの展開とは。
(まだ見ていない人もいるだろうし、ネタバレはしない)



なんで「Dark Night」ではなく「Dark Knight」なんだろうとは思ったよ。どちらもダークナイトだが意味が違う。前者は単純に「暗い夜」だが、後者だと「闇の騎士」。さては厨二病に犯された愉快犯か?と疑ったが、真実はもっとひどかった。うーん、やっぱりデカい光のそばにいると闇はさらに濃くなるものなのかな。見ていてちょっと『DEATH NOTE』を思い出した。


シリーズを通して布石は全然なかったし、展開が早すぎてさすがに「これで大丈夫か!?」と随所で思ったけど、「カイトくんが若すぎた(純粋すぎた)」ことが裏目に出たのは間違いない。これは前から顕著だったし、いずれどこかで暴走するでしょうなぁとは思っていた。

いや、右京さんが暴走させた(かもしれない)というシナリオには共感したけどな。おい、それより大河内監察官! めっちゃ久しぶりじゃねーか! 今までどこでサボってた!? 神戸くんとの仲はまだ続いているのかい??




最終回のシナリオにネットは賛否両論だが、私は過程はともかく幕の閉じ方は面白かったと思う。そういうことってあるよね。熱血漢の主人公の親友はしばしば悪役化するよね。あまりにもデカい光のそばにいると、近くにいすぎる人(親友・幼馴染・弟子・準主人公)はときどき心に濃い闇を作り上げてダークサイドに落ちてしまう。それと同じ原理だよね。

これが異性同士なら「恋愛関係」といううまい落としどころがあるんだけど、あいにく同性同士だと張り合ってしまうからねー。主人公が周りの見えない熱血漢である場合、ときどきこういうことが起きるんだよね。で、最後の最後まで親友がダークサイドに落ちていることに気付かないんだよね。はははは、裏切られたなんて人聞きが悪い。気付かないオマエが悪いんだ!







いやもちろんそれは冗談だが、ひとりのファンとして今後の展開に不安が募っている。すでに次の相棒が誰になるか騒がれているが、そもそも「次」はあるんでしょうかね? あの2人、神戸くん以上に修復不可能な気がする。もし「次」があるのなら、デカい光を浴びてもさらにデカい光で照らし返せる猛者を相棒に寄越してほしい。

あのままじゃカイトくん、壺の中の蛇を酒に変えるどころか、飲んだ酒を体内で蛇に変えて自滅した馬鹿な人間みたいだよ。もしかしてあの物語、実はそういう結末になっているんじゃ……?




すべてが終わってみて、最後の場面を「ひまわりの約束」を聴きながら見返すとまた別の風景が見えてくる。幸せな時間って失ってから気付くんだよね。カイトくん、「なにやってんだろうな、オレ……」って思うときが必ず来るよ。それはたぶん右京さんも同じ。自分自身に愛想を尽かしている場合か。アンタがやるべきことはそうじゃないだろっ!

右京さんには今後も「警察官としての正義」を貫いてほしい。だが、その正義の陰に膨れ上がったデカい闇があることも事実。心の闇に負けるな。
……実を言えば、私は右京さんが犯人なんじゃないかとちょっと疑ってしまった。右京さんだってああ見えていろいろ危ういものを抱えているし、ダークナイト化する可能性は充分にあった。これはもちろん杞憂に過ぎなかったが、もしそうだったら警察官が丸ごと信じられなくなるところだよ。でも可能性はあったよね。

えっ、なかった? 本当に?
わかんないよ。人の心のことだもん。


« この1年… | トップページ | 本職にリターン »

Ⅲ.個人的レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/59329437

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒Season13終了:

« この1年… | トップページ | 本職にリターン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ひとりごと

  • 趣味関係で浮かれ騒ぎながらも、じいちゃんの初盆の墓参りにはちゃんと行きました。近い身内が亡くなったのはじいちゃんが初めてで、本人の魂は今どこにあるのだろう?と真剣に考えてしまった。遺影と位牌は実家にある。遺骨と墓は霊園にある。本人の身体は焼けて煙になった。なら魂はいま何処に? お盆ってそもそもなんのためのイベントなの?冷静に考えると不思議だ。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中