« 嫌われ者の極意 | トップページ | 夢と意地 »

2014年12月 7日 (日)

のんきな師走月

年の暮れ 多忙さ羨む のんきだな

……年末年始に思いを馳せていたら一句浮かんだ。
12月は坊主が走るほど忙しい(らしい)というのに、ノンプライベートかつ独り身の私は退屈すぎて何もすることがない。他人の多忙さが羨ましいなぁ……と思う毎日です。



さて、いろいろあってブログの更新が滞っておりましたが、中でも一番は年に何度かある「他人に会いたくない病」が発動したことか。

自分以外の他人に会うことが苦痛で仕方なくなり、それでも仕事には行かなきゃいけないから本当にしぶしぶいやいや外出していた。こうなるともう、自分以外はみんな異生物の存在。敵ですらない。自分以外の他人は分類学的に違う生き物……という扱いになるため、その中に私ひとり紛れ込んだ感じがする。敵とか味方とかいうレベルでなく、本当に文字通りの意味で異生物。

いやー、もうなんていうか、つらかった……。私以外の異生物は私より上位の存在(の設定)だから、私はへりくだってご機嫌を取らねばならない。私なんぞが皆様に物申してすみません……。偉そうなことを言ってすみません……と変な過小評価意識が芽生える。それでも家に引きこもったりしないあたり、私は(良い意味で)懲りない人だと思う。




なんかそういえば知り合いの人が自費出版?で本を出すとか出さないとか。宣伝などする義理もないのでやってやらないが、自費で本を出して儲かるのかね? その人もブログをやっているのでちょくちょく見にいっている。……が、正直なところ、この人が出した本を買う人がいるの!?というのが正直な感想。

私も偉そうなことは言えないが、あの人のブログには読者を大事にする思いがない。明らかに自分の自己満足、自己中心、自画自賛で書いている。……いや、私だって他人のことは言えないけど、これでも一応読んでくれる人に感謝しながら書いている。ブログを始めて丸3年、11万超というアクセス数を刻んでこられたのも皆様のお陰ですから。(本当にそう思っていますよ!?)


そんな人が本を出してもねぇ……。自己の押し付けでみんながホイホイ買ってくれるほど人生はそう甘くないと思う。まぁ、そういう人にとっては本を出すこと自体が自己満足でいいんだろうけど。

内容がファンタジーとかなら私も好きでよく読むし、少々内容がぶっ飛んでいてもいいと思う。だが、エッセーや評論の本はどうしても自己の押し付けになる。いちいち「他の考え方もありますけどね」なんて書いていたら本は出せないと思う。「これはこうだ!」とはっきり言える人じゃないとまず出版は無理でしょう。私などはっきり物が言えない人なので不可能です。
ちなみに私は「考え方が楽になる本」みたいなのが一番嫌い。なぜならそれはアンタの話だろう?他人にも当てはまるとはいえないだろう?と思うから。ああいうのは他人が実践してうまくいかなくても弁償する必要がないからいくらでも好き勝手に書ける。自分はこれでうまくいきました、他人がうまくいかなくても責任は持てません……みたいなことを平気で書いて金を取る、そういう本が大嫌いです。どうしても他人を救いたい気持ちがあれば、それこそ自費で出版してタダでみんなに本を配ればいいと思う。印税を受け取っている時点でアンタには他人を本気で救う気がないんじゃないかと言いたい。


「だからどうした!」と突っ込みどころ満載の本は見ているだけで飽きてしまう。知り合いがどういう本を出すのか、ブログでさんざん宣伝してるから知ってるけど、今の世の中お金さえあればなんでもできるんですね。あんな人でも金さえ出せば本が出せるなんて……。うーん、お金って偉大だなぁ。(←棒読み)





今に始まったことではないが、2014年は本当にダラダラ終わりそうだ。この1年で私は成長できたのか。何かやり遂げたことはあっただろうか。……いや、何もないな。失くしたり諦めたりしたことの方が多かったように思う。ひがみっぽい性格や、自分以外の他人を羨ましがる傾向など、年々ひどくなっている気がする。

そういえば先日、某有名寺でおみくじを引いたのだが、相変わらず良いことばかり書いてある。私は昔から引きが良すぎるのか、占いやおみくじでは良いことばかり言われる。だが、書かれた内容が実現したことは一度もない。おみくじの一番目には「願い事は叶う」と書いてあったが、私の願望は十年以上前から「世界平和」のみ。年始恒例の書き初めにも幾度となく書き続け、高校時代にはキリストに捧げる願い事?にも祈りを捧げたのにそれでも叶わなかった。寺のおみくじを引いたからって叶うはずがないじゃんねぇ、と思う。

ああいうのは好きなこと言って責任を取らないで済むからいいよね。根拠がないことをしゃあしゃあと書くな!といつもキレてしまう。(じゃあ引くなよって感じですね)



もはや毎年思っている気がするが、現在のひん曲がった性格がちょっとはマシにならないものか。2014年の抱負にしようと言って叶わなかったので、次は2015年の抱負にする。こうやって1年ごとに更新され続けるのだろうな……。

やはり性格が悪いとツキも悪いのか……。
幸せになりたいなぁ。世界平和の次ぐらいに切望する。幸せになりたい。





毎日毎日、いろんなことを考えて時間を潰し、答えのない禅問答を続けていられるのはある意味で贅沢かもしれない。いくら願ったところで世界は平和にならない。私は幸せになれない。神様はいつも無責任なことを言っては笑っている。……腹立つ。なんか無性にイライラする。



……こんな日はGARNET CROWの『たとえば12月の夜に』を聴く。
私の複雑怪奇な心境を理解してくれるのはGARNET CROWの詩だけ。ああ、彼らはどうして解散してしまったのか……。私はもう寂しくて虚しくて毎日が耐えられないよ~。



なくしたものばかりが輝いて見えるのなら
新しいどこかへゆく時が来た
なぜかなその強さが少し悲しく見えたんだ
たとえば12月の夜に



« 嫌われ者の極意 | トップページ | 夢と意地 »

Ⅶ.雑記保管庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/58195525

この記事へのトラックバック一覧です: のんきな師走月:

« 嫌われ者の極意 | トップページ | 夢と意地 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとりごと

  • 今年初めてふるさと納税をした。どこかの特産品が欲しいとかは特になく、クラウドファンディングの企画があったのでそれにした。自分の生活を鑑みれば米か肉でも返礼品としてもらえばよかったのだろうが、それができないあたり管理人の変なプライドがある。微々たるものだが少しでも地球のためになればいいと思う。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中