« 自分のこれからとは | トップページ | 優しくならなきゃ »

2014年9月16日 (火)

エ○キュートの悪徳野郎

最近、猛烈に腹が立つことがあった。

うちの父親が電話のセールスで契約したらしいが、今流行り(?)の東○エ○キュートである。普通、電話販売でOKするか? うちの父親の態度がまず問題だと思う。数十万どころか数百万という金が動く契約なのに、どうして誰にも相談せず勝手に決めてしまうかね。


聞いたところによると、ガス炊きの風呂を電気にして、ついでに太陽光を設置するらしい。ただでさえカツカツの生活を送っているのに、いつまで持つかわからないボロ家に太陽光をつけてどうする!? もっと有意義なことに金を使えよ!と言ったのだが後の祭りである。

なにしろこの件、実家暮らしでありながら私は一言も聞いていなかった。仕事に行っている間に業者が出入りし、あれこれ説明し、契約を取り、工事までやっていたのである。完成するまでこれっぽっちも気付かなかった私にも問題があるだろうが、これでも一応この家の人間なのだから、ちゃんと説明すべきではなかったか。





・・・で、○芝のエコ○ュートにしてから1日目。



いきなりお湯が昨日の6割程度しか出ない。


昨日までドバーッと出ていたシャワーが、字にするとショボショボショボ・・・である。これでは顔も髪の毛も満足に洗えるはずがない。とりあえずこれでなんとか石鹸を落としてから家の者に報告。すると入る人入る人、「あれでは洗えない!」と文句の嵐。そりゃそうだって。

その次の日、確か日曜だったと思うけど、エコ○ュートの具合はどうかと業者から電話がかかってきた。うちの父親が出てあれこれ喋っていたのだが、昨日のシャワー問題についておそろしく控えめな言い方をする。聞いていた私は途中で痺れを切らし、「貸せ!」と受話器を奪い、電話口にて苦情を並べ立てた。


だって誰も聞いていなかったんだもの。エ○キュートにするとお湯の出が悪くなりますよ、という説明。私は参加しなかったが、事前の説明会には家の者が数人聞いていたのに、その中の誰も説明を受けなかった。
そこのところを言うと、電話口の業者は「説明はした」と主張する。「うちの者は誰も聞いていないと言っていますけど」と食い下がると、(それだと)言った言われたの話になるので、証拠がなければ意味がありません」などと言いやがった。


まともな神経の人間が言うことか?

腐っても客商売の人間の発言か???



あまりにも呆れて言い返す言葉もなかった。

で、そんな奴らが提案した改善策は、「シャワーヘッドを交換する」「(今つけたばかりの)機械を交換する」。最初から説明がなかった上に、「そんなにうるさく言うなら交換すればいいんでしょ」という態度でしぶしぶ対応する・・・って客を馬鹿にしてんのか! というか、そんなことしたらまた金と時間がかかるじゃないか!






そして、次。



電気の工事屋がアポなしでやってきた。


ただの工事屋ではない。大型重機をわんさか揃えた連中である。そいつらがアポなしでやってきて、電柱に登っていきなり「今から工事をするので電気が止まります」などと言いやがった。

この日、家にいたのは何も知らない祖母(80代)だけ。それも自分の病院(歯医者だが)に行くため、家を出るところだったらしい。当然、何も聞いていない祖母は驚いたが、業者が勝手に工事を進めていくのでポカンと見ているほかなかった。業者も詳しい説明をせず、「今日ここに来ることになっていますので」の一言で終わらせ、電柱を上ってあれこれ作業を行ない、さっさと帰っていったという。
腹が立つのはそれだけではない。その日の夜、うちの父親は「断ればよかったではないか」と祖母を糾弾した。私はこれにまたしてもキレた。「キサマ、その場にいなかったくせにデカい口を叩くな!」と怒鳴ると、父親も言い返して大喧嘩になった。


それでもさすがに先方に苦情の電話を入れたとみえるが、契約業者は「ちゃんとアポを取るように言いました」と主張する。・・・だが、連中はお湯の出が悪くなることを説明していないのに「説明した」などと言う奴らである。この発言は信用できない。絶対に言っていないに違いない。

仮にそうだとしたら、これまたまともな神経の人間がやることとは思えない。だって、重機をびっしり揃えた奴らにアポなしで家を訪問させるか、普通? ・・・わかってやっているのでないとしたら、よっぽどのアホかマヌケだと思う。
というか、せめてこちらが苦情を言った時点で家まで謝りにこいよな。それもなしで平然としていられるあいつらの度胸、もはや尊敬に値する。人としては最下層の部類だが。価値はバクテリア以下だ。






そして、またしても出てきた不具合。




給湯器からの水モレ。


文字通り、給湯器から謎の水モレが発生している。たぶんこれ、うちの水道代が無駄に上がっているよね? 業者のくそったれ!

Pap_0093

↑給湯器の下の方、濡れている部分はすべて水モレである。雨ではなく、誰かが水まきしたわけでもなく、いつもこの通り水が漏れ出しているのである。そばにあるのは悪徳業者をぶちのめすためのブロック・・・ではありません。







さて、この野郎どもの名刺をゲットしたので載せてやる。

どの面下げてエコアドバイザーだ。エセアドバイザーの間違いじゃないか。

Pap_0091

東芝のエコキュート(もう名前を出してしまえ)そのものが悪いのか、このデンシン工業とかいう業者が悪いのか、それとも勝手に家に来た重機連中が悪いのか、私も説明会のときその場にいなかったので詳しくは知らない。



ただ、一介の客としてありえない扱いを受けたのは事実である。

私はこいつらの名をあちこちで言いふらしてやる。少しでも連中の評判が下がるように。我が家と同じ被害者がこれ以上出ないように。
どうせこれぐらいやっても悪徳野郎どもは痛くもかゆくもないだろう。




そして残念ながら、8日間のクーリングオフ期間は過ぎている。

相談するとしたら消費者センターだろうか。
相談してどうにかなる問題なのかはわからないが、やらないよりはマシだろう。うちの家の者は頭がふやけた奴しかいないようなので、私がやらねばならない。これでもまだ(家の権利者との関係は)被扶養者の立場であり、どこまで真面目に話を聞いてもらえるかわからないが。


・・・だってこれから同じ契約業者の奴らが太陽光をつけるっていうんだよ? 給湯器ひとつでこの騒ぎなのに、屋根に太陽光パネルを取り付けるなんてなおさら不安だ。手抜き工事をされるかもしれない。余分な金を要求されるかもしれない。雨の日にずり落ちてくるかもしれない。

着手される前にどこかに相談して中止させるべきだと思う。第一、私が聞いているのはこれだけで他にもっといろいろあるかもしれない。というより、これからもっと出てくるかもしれない。また電話口か直接会って怒鳴らなければいけないのか・・・。あー、嫌だ。言いたいことははっきり言うけど、私はそんなに頻繁に怒鳴りたくないんですよ。喉が痛くなるし。




とりあえず今後とも悪徳野郎の称号の普及に務めます。

皆さんも下手な業者に引っかからないようお気を付けください。


また何かあれば続きを書いてやることにします。


« 自分のこれからとは | トップページ | 優しくならなきゃ »

Ⅶ.雑記保管庫」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
デンシン工業のことを調べていたら、ここにたどり着きました。
この会社、かなり業績が悪そうです。
まず、ホームページに掲載されている、大山崎支店の電話番号が現在使われておりません。恐らく店をたたんでいるのでしょう。
本社の方で、社用車の駐車場を貸しているのですが、3か月滞納されています。督促の電話をすれば、常に転送状態になります。
社内には人がいないのか?
初回は転送後繋がるのですが、2回目以降は着信拒否されているのか、繋がりません。別の電話からかけたところ、また2回目は着信拒否されました。
最近、社用車がめっきり出入りしないと思っていたら、恐らく仕事の依頼がないのでしょう。
倒産も時間の問題かもしれません。

お返事がものすごく遅くなって申し訳ありません。

あれから3年、一応奴らはまだ生き残っているんですね。当時はなんやかやと電話でやり取りしていましたが、私がブチ切れた名刺の主はかなり初期に退職したらしいです。もはや名も忘れましたが。

ま、東芝も現在は倒産寸前で、ザマァミロと言いたいところです。デンシン工業同様、天罰でもなんでも下れという正直な思いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/57400753

この記事へのトラックバック一覧です: エ○キュートの悪徳野郎:

« 自分のこれからとは | トップページ | 優しくならなきゃ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ひとりごと

  • 今年初めてふるさと納税をした。どこかの特産品が欲しいとかは特になく、クラウドファンディングの企画があったのでそれにした。自分の生活を鑑みれば米か肉でも返礼品としてもらえばよかったのだろうが、それができないあたり管理人の変なプライドがある。微々たるものだが少しでも地球のためになればいいと思う。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中