« 今年はつくづく反省 | トップページ | 鑑賞『TRICK 劇場版ラストステージ』 »

2014年1月 9日 (木)

干支2回りな年

えー、とても遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
今年が皆さんにとって幸多き1年となりますように。

世間的には、寒中お見舞い申し上げます、というのが正しいのでしょうが、気持ちが伴っていれば挨拶を間違えていても別にいいと思う。(そうかな)


1日に初詣に行き、おみくじを引いたら「末吉」。
これだけでも萎えるのに、一番気になる「病」の欄を見ると(←持病持ちだから)、「危険です。神に祈って難を逃れましょう」(※ 要約)などと書いてある・・・。もうダメだ、これは持病が悪化して一気に失明の一途か・・・!?となんとなく塞ぎ込んでしまい、おみくじは神社に結んで帰ったんですがいまだにモヤモヤしています。

・・・で、3日に早々、朝の4時半に猛烈な腹痛で目を覚まし、胃痛、頭痛、吐き気、謎の全身の痛み(筋肉および血液が痛い・・・というような感じ)の症状に悩まされ、今日もまだ絶好調とはいえません。
おみくじの結果が当たってしまったのではないだろうか(汗) なぜ新年早々にこんなに苦しまねばならんのだろう・・・。近ごろは冷凍食品の農薬?が騒がれているけど、もしかしたらそれなのかなぁ。新年いきなり冷凍食品を食べた記憶がないから病院には行ってないんだけど・・・(もしや行くべきだった?)




さて、そんな波乱の幕開けの2014年ですが、実は私にとっては干支2回りな年です。1990年生まれなので、要するに今年24歳になるというわけ。早いな・・・


今年の抱負はそうだなぁ・・・
年末につくづく思ったのが「学生はもう二度といやだ」だったので、もう二度と今と同じような学生生活は繰り返したくない、というのが今年の抱負かもしれない。いや、ダブっているわけではなく、大学院生だからです。普通の大学生より2年長く学生をやっているんですよ。

学生はモラトリアムとか言いますが、私はもう二度と嫌です。社会に出ることも不安だけど、学生生活を続けるのはもっと嫌だ。延長とかありえない! とっとと卒業してあの場所から出たい! ・・・というのが今の切実な気持ち。
だって、教師はいじわるだし、テキトーだし、それでも顔色見なきゃだし、なんやかんやの締め切りは守らなきゃだし、同級生から嫌がらせをされるし、そもそもああいう閉鎖空間で半同居生活をする(←やや大げさ)ことが、自由を束縛されているようで嫌だった。



・・・ということは、就職せねばならんということだ。

学校の就職サポートは当てにならんので自分で職安に行かなければならないのだが、今はちょっとまだその時間が取れない・・・。またいくつも締め切りのある課題を抱えていて、それが終わるまでは職安などという大幅に時間を取られる場所に行くのは無理。
いつになったら自分の身の振り方が決まるのかねぇ・・・




なんにせよ就職難の時代である。
ただでさえ、普通の大学生より2年行き遅れている。

おまけに専門職だから、非常に狭き門というか、ツブシが利かないというか。・・・大丈夫なのだろうか。大丈夫じゃない気もするが、とりあえずトライしてみないことには何もわからない。だからとりあえず職安に行かなければ・・・


正直、めでたく卒業を果たしたところで問題は山積み。
自分で選んだ道だから今さらあれこれ言いたくないが、一応自分に言い聞かせておく。嫌になったら辞めてもいいけど、逃げられる道を作っておいてから逃げるんだぞ。道を作らずに逃げて後悔するようなことにはなるな。逃げられる自信がついてから逃げなさい。それなら誰も文句は言わないと思う。

誰かも言っていたけど、ひとつのことに全力で打ち込むより、それ以外のことをしている時間を作ることも大事である。2足のわらじをうまいこと履きこなしている人って、時間的にも精神的にも余裕があって楽なのではないかと思う。私もそうなりたいな。



専門職に従事しながら、自分の好きなことに打ち込める生活をしたい。
よし、それが今年の抱負ってことにしよう。

« 今年はつくづく反省 | トップページ | 鑑賞『TRICK 劇場版ラストステージ』 »

Ⅶ.雑記保管庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/54540806

この記事へのトラックバック一覧です: 干支2回りな年:

« 今年はつくづく反省 | トップページ | 鑑賞『TRICK 劇場版ラストステージ』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとりごと

  • 私はやはり社会の中で少数派なんだなぁと実感。だって今の政治に納得してるからみんな与党に入れるんでしょ?私は何ひとつ彼らに満足してないし、期待もできないから、ひたすら野党に入れる。だけどいつも大多数の力には勝てない。選挙のたび悔しい思いばかりしているが、民主主義というのはこういうものである。大多数を呪いながら生きていくしかない少数派、私はそれである。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中