« 疲れながら生きる価値は... | トップページ | 現代の子どもは弱いのか »

2013年9月26日 (木)

京都の交通マナーの悪さ

ここで言っていたかどうかは忘れましたが、私の出身は京都、在住地も京都です。

やたらプライドが高いことで有名。最近は台風18号の影響で特別警報が出され、嵐山など大きな被害を受けました。復興にはまだ時間がかかるかと思いますが、秋になればあの場所は紅葉で本当にきれいなグラデーションに染まると思います。
ぜひとも皆さん、時間があれば一度足をお運びに・・・。って、私が言っても仕方がないですね。


さて、そんな地元ですが、先日、八幡市で交通事故があったばかりです。今年の4月には亀岡市で、胎児を含めた多くの方々が死傷しました。互いの事故の被疑者は知り合い同士だった、というようなニュースも流れているようですが、本当かどうかは知りません。

地元民の私が言うのもなんですが、京都(特に京都市内かな?)の交通マナーの悪さは想像を絶します。っていうか、ずっとそれに触れてきた私は、それがおかしいということも以前は知りませんでした。マナーが悪いのが普通だと思っていたからね。


挙げていけばきりがないんだけど、

・自転車がナチュラルに車道を逆走
・おまけに無灯火だったりする
・歩行者の車道横断は日常茶飯事
・狭い道を車が猛スピードで突っ込んでくる
・交差点の真ん中で車が停車
・タクシーが客を乗車、降車させたりもする
・信号の黄は青と同じ扱い
・赤に変わりたての信号も青と同じ扱い
・歩行者優先の横断歩道など、車は無視が普通
・ウィンカーを出さずに車線変更が普通
・基本、自分優先
・車道の停止線など守っている人の方が珍しいのでは
・他の車がウザいとクラクション
・下手すると罵声を飛ばされる
・中指を立てられることもあるよ


・・・思いつく限りを乱雑に書いていっただけだけど、こんなにあるのか。もちろん、こんなマナーの悪いことをしている人ばかりではありません。ちゃんとルールを守っている人もいます。(それが普通なんだけど)
信号のない横断歩道は、車両が一旦停車して歩行者を優先させなければいけない、というルールを知ったときは衝撃でした。私は免許を持っていないけど、誰かの車に乗せてもらったときや自分が歩行者になったとき、一般の車が停車したところを見たことがありません。あるとしても、パトカーぐらいです。


地元のマナーの悪さを自覚したのは、数年前に乗ったタクシーの運転手さんが「自分は以前、観光バスの運転手をしていていろんな都道府県を回ったが、中でも京都の交通マナーは最悪」とおっしゃっておられたのを聞いてからかなぁ。
それまではこれが普通だと思っていたから、他の都道府県と比べてどうとか考えたことがなかった。でも、全国的には悪い部類に入るんだな。ショックというか・・・。なぜ、地元はこんなことになっているのだろう?


八幡市のあの事故が、運転手のマナーの悪さから招かれたものだと断言するつもりはありません。そんなこと、一般人の私にはわからないし。
しかし、そのマナーの悪さが原因で、京都の各地で危ない目に遭っている人は少なからずいるわけです。たぶん、それがたまたま事故にならないだけ。観光客の人とか、地元のそういう悪い事情を知らないだけに、もっと危ない目に遭ってしまう可能性もあります。

たとえば私の家の近所は、自分が小学生だったころと比べ、かなり交通量が増えました。寺とか神社とかあるから、観光バスとかもひっきりなしに来るし。上がり専用、下り専用の道があるんだけど、観光バスもそれを守ってくれないからねー。大型は上がっちゃダメな道を、平気でドンドン上がっていくし。

そんな観光地の近くには、私の母校でもある小学校があるんだけど、通学路に歩道はありません。
1車線しかない車道の片側に、申し訳程度に白線が引いてあるだけ。通学時間など、二列になって歩く小学生の集団登校の列すれすれにバスが通ったりするわけで、正直いつ事故が起きても不思議ではない。
こういうところ、他にもあると思うけどなぁ。私が小学生のころとまったく変わっていないよ。交通量は明らかに激増しているのに。


こういう場所にあっても、ドライバーがちゃんと交通ルールを守っている人ばかりであれば、交通事故は起きようがない。しかし、八幡市の事故のように、小学生が集団登校している横を制限速度オーバーでドリフト走行する人だっているわけです。場所の問題と、人災が重なったとき、たぶん事故は起きるんだと思う。
今の対策は、歩道を設置しようとか、柵を頑丈にしようとか、場所の問題をどうにかしようとするものばかり。確かにそれで人の命は守れるかもしれないが、事故のもうひとつの要因、人災の方をどうにかしようという気はないのだろうか。具体的にどうすればいいのか私にも案はないけど、事故を人が起こしている以上、どうにか対策を立てられないものか。



マナーの悪い京都人には、一体何が欠けているんだろうなぁ。

それは別に京都のみならず全国的な問題なのかもしれないけど、なぜ個人のマナーというものが守れないのか。
私はバイトで医療機関に勤めているのだが、自転車に当て逃げされ、転んだ拍子に怪我を負って病院に来ましたという患者さんをよく見る。当然、当て逃げのため犯人はわからない。自転車にぶつかられ、下手したら「邪魔じゃ!どけ!」などと暴言を吐かれ、そのまま逃走される。・・・私の周囲だけかもしれませんが、こういう目に遭った人(特にお年寄り)をよく見かけます。なんていうかもう、この地元はそういうレベルです。


知っての通り、京都は観光地が多く、たくさんの観光客が訪れる。そんな場所が、こんなことでいいのだろうか? 自分以外の他者を敬う、尊厳を持って扱う、という意識が根本的に欠けているのではないか。まぁ、私自身、ちゃんとしているかと訊かれても即答できないのだが。

他人の命を危険にさらしてまで車両を運転する、そういう輩に免許を持つ資格はないと思う。自転車だって車両だからね。私も通学&通勤の際に自転車に乗るが、夜間など無灯火&逆走の自転車に遭遇し、何度も危ない目に遭っている。ああいうのをなぜ取り締まれないのか、警察という組織に対しても猜疑心を抱いている。



プライドが高いとか、居丈高だとかいう、見方を変えれば微笑ましくもある(←そうかな)気性を指摘されているレベルならまだいい。それを交通マナーにまで反映させ、地元民はおろか他の都道府県の方にまで多大なる迷惑をかけてしまっては、京都人としての品格が問われることにもなろう。


京都人だけではない。全国のドライバーの皆さんには、使い方を誤れば人をも殺せる乗り物を日ごろ操っているのだということを、しっかり自覚していただきたいと思う。
マナーの悪さはドライバーだけではなく、歩行者も、自転車乗りも、それ以外の人も、全員が根本から正していくべき問題。京都府は、今年だけでも2度も大きな自動車事故を起こしている。これをきっかけにせよとは失礼な言い草だが、そろそろこの現状をどうにかすべきではないかなぁ。


あれこれ言ったが、私は地元である京都が大好きである。
だからこそ、心からそう願う。



事故の被害に遭われた方の、一刻も早い回復を祈ります。
身体だけじゃなく、心に傷を負った方も多いでしょう。彼らのそばにいる人たちが、全力でサポートしてくださいますように。

« 疲れながら生きる価値は... | トップページ | 現代の子どもは弱いのか »

Ⅶ.雑記保管庫」カテゴリの記事

コメント

自分に縁のある土地でこういう事故・事件が起こると、自分の罪であるかのように辛くなることがありますよね。
どこか知らない町で起きたことでもそうなんだから、故郷となればなおさらです。

京都がそんなにマナーが悪いんですか。
中学校の修学旅行のとき、宿泊先だったホテルの目の前の道路がひどく渋滞していて、何台もの車がクラクションを鳴らし続けていたことを記憶しております。異常事態かと思っていましたが、警察が来るわけでもなく何十分もそのまま。もう夜9時過ぎでしたけどね。
あれが日常だったのかな・・・。

今、小学生の我が子には、まず交通ルールを守ること、それ以上に、守らない人がいることに常に注意すること、それを毎日のように教えています。
そんなふうに教えなくちゃいけない現状が悲しいことですね。

コメントありがとうございます。

同じ府内だとなおさらショックではありますね。二度とこのような事故は起きてほしくない、と亀岡の時も思ったんですけど・・・。

京都市内でも中心部は確かによく混雑していますね。そのせいかわかりませんが、マナーは本当に悪いです。路上駐車も多いし、指示も出さずにいきなり車線変更をする車も多いし、よく大事故にならないものだと思います。
そうですね~。こちらが守っているつもりでも、相手はどうかわかりませんから。常に気を張りつめて外を歩かなきゃいけないなんて、確かに今の状態はちょっと変です。せめて子どもたちには安心して外を出歩いてもらいたいと思います。

どうも、亀岡市民です。
4月の事故で、今では「あの事故の亀岡」という汚名で有名になり、
住民としては残念な限りです。

事故以来、発生道路には様々な対策が施されましたが、ブログ主様のおっしゃる通り、結局は運転者の気持ち次第のような気がします。

事故発生以降、しばらくは警察や保護者、見守り隊といった監視、規制が活発でしたが、時間が経つとともにそれも薄れ、今では通学時間、下校時間以外ならばスピードを上げている車も見受けられます。

自分も運転する者の一人ですが、今では教習所での初心に戻って相手を意識した運転をするようにしています。当たり前のことなんですが、それが事故を防ぐ一番の方法なんでしょうね。

ところで、個人的に一番最悪な交通マナーの都道府県は大阪です。大阪に比べれば、京都はまだマシなほうですよ。

長々と失礼いたしましたm(__)m

コメントありがとうございます。

地元がなんらかの理由で悪いニュースで取り上げられると、土地そのものや罪のない住人までもが汚名を着せられてしまいますよね・・・。私は京都市民ですが、それでも「京都」というくくりでちょいちょい言われます。亀岡市民の方々はきっとその非ではないでしょう。

環境をどうにかするのは限界があるでしょうしね。ボランティアや警察にいつまでも頼るわけにもいかないし、人々の記憶は良くも悪くも風化しますし。意識を変えていくって難しいんだなぁ、と改めて思いました。
そうですねー、ドライバーである自分自身だけでなく、歩行者や他のドライバーなど相手を意識した運転が事故を防ぐ手段なのかもしれません。私は免許を持っていなくて運転もしないので、正直なところよくわかっていませんが(汗)

大阪も危険なんですか~。賑やかな場所が多いからかな。自分が行くにしても電車を使うので、大阪はあんまり気付きませんでした。たぶん知らないだけで、全国的に危険な場所ってもっといっぱいあちこちにあるんでしょうね。

京都に引越してきて一か月たちます。私は、東京、神戸、札幌といろいろ住んできましたが、京都は今まで住んだ中で一番交通マナーが悪くて、予想できないような車の動きに毎日驚き、京都の人たちってこんななの?、とがっかりしているところです。
右折車が左折車より先に曲がってくるのにまず驚きました。京都では「右折アタック」と名がつくほど有名らしいですが、交差点での最低限のルールをわかっていてわざとやってるんですよね?
昨日も赤信号なのに、前に停止している車のわきをすり抜けて左折していく小型トラックを見ました。歩行者はねたらどうするの??
路肩が無い道が多いのに、そこに平気で路駐してるし、私が乗ったタクシーの運転手さんも「京都のマナーは最悪」とボヤいていました。
どうしてこうなるんでしょう??
外国から来られる(特にマナーのよいアメリカ、カナダの)方々にはほんとうにがっかりされると思います。
警察にもっと啓蒙活動をしてくださるようにお願いしようかと本気で考えてしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/53387872

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の交通マナーの悪さ:

» 集団登校の形が間違っている、今の集団登校は死のリスクを高めているだけだ [materialize.jp]
Little girl going to school. / Simon le nippon  京都府八幡市で発生した、集団登校中の児童5人に車が突っ込んだ事故、京都地検が「危険運転致傷」容疑に切り替えたというニュースが報じられた。以下は10/15の共同通信の記事だ。 少年を危険運転容疑で家裁送致 集団登校事故、京都地検  京都府八幡市で集団登校中の列に車が突っ込み、児童5人が負傷した事故で、京都地検は15日、自動車運転過失傷害の疑いで逮捕、送検された派遣社員の少年(19)について、より法定刑の重い... [続きを読む]

« 疲れながら生きる価値は... | トップページ | 現代の子どもは弱いのか »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとりごと

  • GYAOで『ペット・セメタリー』を観た。ホラー小説で有名なスティーブン・キング原作である。この手の映画はなぜヤバい奴がいるとわかっている屋敷にひとりで踏み込むのだろう。バラバラにされた人体の一部でも降ってきたらどうするんだ!と思ったが、そんなことはなかった。ちなみにペットとタイトルに名がついているものの、結局一番怖いのは人間だと理解した。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中