« とある村日記5 | トップページ | 思いやりと差別の違いってなんだろ? »

2013年1月23日 (水)

教育の“正しさ”って?

体罰問題が騒がれてますね~。
私は個人的にH氏が嫌いなので、あの決定には真っ向から反対です。原発のときと同じく、今回も騒ぎ立てるだけ騒ぎ立てて落としどころを見計らっているんだよ。ああいう打算的で腹の黒い人は嫌いです。あの人のお膝元、O市には絶対に住みたくありません。


今日、「恩師と呼べる先生がいるか」という話を同級生たちとしました。私には保育園時代にひとり、小学生時代にひとりいます。あの先生たちがいなければ、たぶん今の私はここにいません。

ここで言ったかどうかわからないけど、昔の私は今の私と正反対で、積極性はないし、協調性はないし、影は薄いし、友達もいなけりゃ、いじめっ子の標的にされていました。ま、今から思い返してもあれは私が悪いんですけどね。自分で努力して何かを変えていこうっていう気持ちがまるっきりなかったんです。だから友達もいなかったし、いじめっ子たちの格好の餌食になってしまった。
そんな私は教師からの評判も悪く、「積極性のない子はダメ」とレッテルを貼られ、成績はいつも激悪でした。やれと言われたことはやるため、先生に口答えなどしたこともなく、忘れ物もせず、遅刻や欠席もやむをえない状況以外はしたことがない。・・・しかし、成績は悪かった。
(もちろん頭が悪かったのもあるが...)


で、うちの母は以前教師に訊いたことがあるんですって。積極性や協調性のない子は悪い子なのか、と。

この質問に「いや、積極性がすべてはない。乃銀ちゃんのようなおとなしい子もクラスには必要」と答えたのは、冒頭で述べた恩師2人のみ。ほかのすべての先生は、「積極性のない乃銀は悪い成績で当然」という態度を崩さず、消極的問題児のレッテルを貼られた私は6年間ず~っと悪い成績でした。



・・・それで、思うこと。

教師の何が偉いんだ?



政治家もどこが偉いのかさっぱりわからんけど、教師はもっとどこの何が偉いのかがわからない。生徒の性格にレッテルを貼り、自分の価値観と合わない子に悪い成績をつけるのが教師の仕事なのか。それが本当なら、まったく尊敬できないどころか理解不能。もちろん、ふがいない私を放り出さずに受け入れてくださった恩師2人は別(だと信じたい)。

私の元同級生にも教師になっている奴がいるけど、卒業してからはまともに言葉を交わしたことがない。会ったところで仕事の話はしないし、私は“教師”という人に猜疑心を抱く傾向にあるので、他人を傷付けないためにも会わない方がいいんです。

だって私、教師嫌いなんだもん。



現在、私は先生にも先輩にも尊敬の念を抱かない。「敬え」と言われても従えない。たぶん、このころの記憶がそうさせているんだろう。先輩から「年上の人には挨拶をしろ」と言われたときは、もう腹を抱えて笑ってしまった。尊敬できない相手にどうして頭下げないといけないんだって思う。

顔を合わせて自然に頭が下がるのって、本当に恩師ぐらいだよ。保育園時代の恩師はどこにおられるのかわからないんだけど、小学生時代の恩師とはいまだに年賀状とか送らせてもらっています。“手のかかる子は可愛い”わけじゃないけど、私を放り出さずに面倒を見てくださったその先生は、本当に、本当に、今でも私のことを可愛がってくださる。授業中におもらしをするようなガキンチョだったのにねぇ。


まぁ、もう大人になった私はともかく、自分勝手な大人の事情に振り回される子どもって本当にかわいそうだよね。今回の体罰を巡る問題もそうでしょ。あのH氏や教育委員会の決定に振り回されたのは、まぎれもなく生徒たちです。

体罰を行なった先生を実名報道とかしたらいいのに。どうして自殺した生徒の名前は出るのに、加害者の方はプライバシーがどうのとちんたら理由をつけて名前を出さないんだろう? いつもいつも不思議に思っている。この国の法律は相変わらず被害者よりも加害者を守るよねー。
この騒動に巻き込まれた子たちがこれからどんな大人に成長するのか、私はそれが一番心配だ。そりゃ再発防止も考えなきゃいけないことだけど、今、現在、あそこにいる生徒たちの気持ちになってこの問題を考えたことが一度でもあるのか、あのヒトたちは?

間違いなくこの件は生徒たちの心に残るぞ。これからどういう結果になろうとも、未来に向かって歩んでいこうとする前途ある若者たちの将来に禍根を残すぞ。今すぐじゃなくても、これから数年後、もし万が一にでも何かあったとして、あの大人たちは責任が持てるのか? 持てないだろう。

お前らも“決定権を持つ実力者”を名乗るなら、現在と未来、どっちも幸せになれる方法を考えてみせろよ。それができないから嫌いなんだよ。教師も、政治家も。



・・・教師の何が偉いのか。

相変わらず答えは出ない。


学級崩壊のクラスを経験して以来、教師というのは頭でっかちではできないというのが私の結論です。教師はただ指導要綱を守っていればいいのか。生徒のことを考えたらいけないのか。もう、まったく理解不能。

大学院のとある先生は、「良い先生ほど早く辞めさせられる」と言っていた。既存の指導要綱に捉われず、生徒に合わせて指導内容を変えていこう、と考える先生は学校に不要だからと辞めさせられる傾向にあるそうです。・・・本当かどうか知りませんが。
で、指導要綱にばっかり従う頭でっかちな連中ばかりが学校現場に残るんだと。それが本当だとしたら、これからもますます尊敬できなくなるな。教師という連中。


現代は、子どもの中にも発達障害を持っていたりして、多くの生徒と同じことができないという子が目立つようになっています。多くの「健常児」を対象に作っている指導要綱には、たぶん発達障害を持つ子どもへの対応の仕方は載っていないでしょう。どうするつもりなんでしょうね。そういうのは全部、特別支援学校にやればいいと思っているんでしょうか。


・・・今日の記事は、かなり自分の個人的な恨みが入ってしまいました。

気を悪くされた方がいらっしゃったら申し訳ありません。



今は大学院という自由な環境の中でのびのびと過ごしていますが、小・中・高と私は学校のはみ出し者でした。不登校にならなかったのが不思議なほど、教師の援助も得られず、友達と呼べる人もおらず、劣等感と孤独感にさいなまれて生きていました。授業でおもらしをしたこともあれば、言葉がうまく喋れず居残りさせられたこと、教師に嘘をつかれて傷付いたことだってあります。



現在、教師をされている方に言いたいこと。

はみ出し者を受け入れてやってください。


あのころの辛い記憶も、今となっては現在の私を作っているひとつの要素です。人っていうのは捨てたもんじゃないと、そうわからせてくれたのは、くしくも同じ教師である恩師2人です。

生徒の心に温かさを残す、そんな教師になってほしいと思います。冷たさや厳しさばっかりが教師じゃありません。辛いときにそっと思い出せる、10年以上経ったあとも“恩師”と堂々と呼ぶことができる、そんな人と出会えた私は実は幸せ者なのかもしれません。


大人の事情を教えるだけが教師じゃない。

大人の事情を教えられるから偉いんじゃない。


それは絶対に違う、と私は肩に力を込めて思う。

« とある村日記5 | トップページ | 思いやりと差別の違いってなんだろ? »

Ⅶ.雑記保管庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1595360/48893842

この記事へのトラックバック一覧です: 教育の“正しさ”って?:

« とある村日記5 | トップページ | 思いやりと差別の違いってなんだろ? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ひとりごと

  • GYAOで『ペット・セメタリー』を観た。ホラー小説で有名なスティーブン・キング原作である。この手の映画はなぜヤバい奴がいるとわかっている屋敷にひとりで踏み込むのだろう。バラバラにされた人体の一部でも降ってきたらどうするんだ!と思ったが、そんなことはなかった。ちなみにペットとタイトルに名がついているものの、結局一番怖いのは人間だと理解した。
無料ブログはココログ

↓ランキング参加中